たんぽぽ川村、3Dメイクで“粘土”顔から“可愛い系ハーフ”顔へ

3月1日(木)16時0分 Techinsight

川村も「メイクってすごい」(画像は『川村エミコ(たんぽぽ) 2018年2月28日付Instagram「昨日、【ナゾトレ】観て頂いた方ありがとうございます」』のスクリーンショット)

写真を拡大

お笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコが、テレビ番組の企画で目鼻立ちがはっきりした顔にメイクで大変身した。VTRを見ていたスタジオの出演者からも「すごいな、コレ」と驚きの声があがった。

2月27日放送の『今夜はナゾトレ』(フジテレビ系)内の企画で「小学生の頃のあだ名が“粘土”」だった川村エミコを、メイクアップアーティスト・たむたむが“3Dメイク”で可愛い系ハーフ顔に作り上げた。川村の平らな顔を立体的に見せるため、影とハイライトの組み合わせがポイントだという。

番組終了後、『川村エミコ(たんぽぽ)kawamura_emiko Instagram』では「綺麗にしていただきました」と同番組で変身した画像が公開されている。彼女の高齢の母は以前、別の番組で美しく変身した娘の写真をコピーして近所に配って回ったそうだ。それを思い出したのか、「娘が綺麗になると嬉しいみたいです」「母が喜んでくれるのが、1番嬉しい」と川村は感慨深げだ。

コメント欄には「ほんとにキレイでビックリしました」「普段の川村さんも可愛いですし、メイクの川村さんも素敵!」「えみこさんは心が誰よりも綺麗です」「母親の愛情にうるっときました」「お母様も可愛い方ですね」など、母思いの川村にほっこりした—という声も見受けられた。

画像は『川村エミコ(たんぽぽ) 2018年2月28日付Instagram「昨日、【ナゾトレ】観て頂いた方ありがとうございます」』のスクリーンショット

Techinsight

「メイク」をもっと詳しく

「メイク」のニュース

BIGLOBE
トップへ