えなこ、まさかの「全裸」表紙カットにファン驚愕! コスプレ脱ぎ捨て“生まれたままの姿”に

3月2日(土)10時0分 メンズサイゾー

【重大発表】お待たせしました!初お披露目「えなこ cosplayer」の表紙です!! “日本一のコスプレイヤー”えなこさんも衣装を身にまとう前は普通の一人の女性、ただ衣装によってこんなにも“変身”しちゃうんです。そんな事をイメージして撮影しました!! #えなこ1stメジャー写真集 #えなこ pic.twitter.com/nGgAuvzfhp


— えなこ1stメジャー写真集『えなこ cosplayer』 (@enako_cosplayer) 2019年2月28日



 人気コスプレイヤー・えなこ(25)の初メジャー写真集『えなこ cosplayer』(集英社/3月28日発売)の表紙カットが解禁され、大きな反響を呼んでいる。コスプレを脱ぎ捨てて“生まれたままの姿”を披露しており、その大胆さに男性ファンたちが驚愕しているのだ。


 表紙カットは同写真集の公式アカウントで公開された。えなこが全裸の姿で「腕ブラ」によってバストを隠している衝撃ショットとなっており、下半身はヒップラインが丸見え状態。ウィッグもコスプレ衣装もなく、ただ一人の女性としてありのままの姿ですべてをさらけ出している。


 えなこは数々の雑誌で表紙やグラビアを飾り、際どいコスプレ衣装や水着をまとったことはあったが、ここまでの露出はなかった。まさに「過去最高の露出度」と呼べる表紙カットといえそうだ。


 また、同時にセブンネット限定版の表紙も公開され、こちらも上半身裸で頬杖を突いたセミヌード。全裸表紙カットと比べると多少リラックスした雰囲気があり、どちらを選ぶか悩んでしまうような仕上がり具合だ。


 同写真集の公式アカウントは「“日本一のコスプレイヤー”えなこさんも衣装を身にまとう前は普通の一人の女性、ただ衣装によってこんなにも“変身”しちゃうんです。そんな事をイメージして撮影しました!!」と衝撃的な表紙カットの意図を説明。コスプレ衣装をまとうことによる「変身」ぶりをより強調するため、表紙カットはあえて何も身に着けない「生まれたままの姿」となったようだ。


 これにネット上のファンは驚愕。「過激すぎて仕事どころじゃなくなる」「まさかの布面積ゼロ!」「えっちすぎる…」「カメラマンが羨ましい」「衝撃で息が止まりそう」「ここまで脱ぐの!?」などと驚きの興奮の入り混じったコメントが大量に飛び交い、大きな反響を巻き起こしている。


 同写真集は、人気漫画の『ドラゴンボール』『ONE PIECE』『僕のヒーローアカデミア』『To LOVEる -とらぶるー』などのコスプレが予告され、すべての作家と版元が「許諾済み」という豪華すぎるコスプレ写真集として話題を呼んでいた。それだけに、まさかの「全裸」の表紙カットにファンは意表を突かれたようである。


 表紙カット解禁の効果もあってか、同写真集はAmazonのタレント写真集ランキングで急上昇するなど早くも大ヒットの気配。今までコミックマーケットなどで自作のコスプレ写真集を販売し、驚異的な売り上げを記録していたえなこだが、メジャー写真集はそれとは一線を画した衝撃作となりそうだ。


 発売中の「週刊プレイボーイ」(集英社)で初の表紙を飾るなど、すでにコスプレイヤーの枠を超えてグラビア界でもトップクラスとなっているえなこ。衝撃の表紙カット解禁によってコスプレファン以外の男性からの支持も集まりそうで、初写真集への期待度はぐんぐんと高まってきそうだ。


(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)


メンズサイゾー

「えなこ」をもっと詳しく

「えなこ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ