土屋太鳳、ゴチメンバー・中島健人の愛人役でドラマ初共演『砂の器』

3月2日(土)7時0分 マイナビニュース

女優の土屋太鳳が、フジテレビ開局60周年ドラマ『砂の器』(28日19:57〜22:54)に出演することが2日、明らかになった。バラエティ番組で共演する中島健人とはドラマ初共演で、初の愛人役に挑む。

松本清張による不朽の名作で、1974年の映画化以降、何度も映像化されてきた同作。中島健人演じる天才作曲家・和賀英良の愛人である成瀬梨絵子役を演じる。

和賀は大物大臣の令嬢と婚約しているが、心は梨絵子の元にあり、殺人を犯した直後、梨絵子のアパートに身を寄せる。梨絵子は、和賀が自身を頼ってくれたことに喜びを感じるも、和賀が脱ぎ捨てた血のついたシャツを見つけ…。

今回のオファーに、土屋は「あまりにも大きな存在の作品名が聞こえた瞬間、まず驚きました。家の本棚に祖父の代からある文庫本をあらためて読み、松本清張先生の世界に改めて衝撃を受け、その直後に台本を読ませていただいたのですが、現代ならではの思い切ったアレンジが試されていることに、さらに驚きました」と感想。

役への臨み方については「とても難しい挑戦になると思いましたが、その危惧とは裏腹に台本を読む手は止まらず、梨絵子という役にも意外なほど違和感を感じなかったんです。空から降ってきた雪を見つけた時みたいに、まるで梨絵子という役が空から舞い降りてきたようで、責任やプレッシャーも強く感じますが、それよりも、梨絵子を早く温めたい気持ちになりました」と表現した。

愛人役は初めてだが「『愛人』という言葉の響きとは逆の、おろかなくらい純粋な部分をどう表現するかが、鍵なのかなと感じてます。そしてその鍵を元に、そこからの変化を探っていこうと思います」という土屋。

『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の「ゴチになります!」で共演している中島については「同世代の役者さんの中でも、稀有な存在の方だと思います。エンターテイナーとして数えきれない人たちの心を掴みながら、役者さんとしても青春をテーマにした作品をけん引してこられて、しかも、バラエティでもキャリアを積んでいらっしゃいます。でも、キラキラしたものを背負い続けるには、大きな覚悟や重いリスクも同時に背負ってこられたと思いますし、観る人たちを裏切らない努力や求められるものに応える工夫など、本当にあらゆることに取り組んでいらっしゃるので、そのキャリアが結集して、まさに今、和賀英良という魂となってあふれ出ているのだと思います」と評し、「その姿を目の前で拝見できることは本当に光栄ですし、女優として全力でぶつかりたいです。どのシーンをというのは特になく、一瞬一瞬を丁寧に積み重ねて、その結果、観てくださる方々の心に何かを残せたらと願っています」と意気込んだ。

(C)フジテレビ

マイナビニュース

「砂の器」をもっと詳しく

「砂の器」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ