TOKIO・松岡昌宏が「中村獅童に似ている」と言われ…

3月2日(金)11時0分 まいじつ


画/彩賀ゆう (C)まいじつ



3月1日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)に『TOKIO』の松岡昌宏と歌舞伎役者の中村獅童が出演し、「顔が似ている」という指摘を認めたふたりに視聴者から大きな反響が寄せられた。


【関連】放送事故!? 綾瀬はるかの「脇汗」に視聴者が大興奮 ほか


ふたりは磯山さやかなどとともに舞台『江戸は燃えているか』の出演者でチームを結成し、嵐チームと対戦した。顔が似ていると指摘されたのは、ボールを蹴って円柱状のターゲットを倒すゲーム「キッキングスナイパー」の場面だった。


“天の声”のアナウンサーから「松岡昌宏に似ていることがあるというが」と聞かれた中村は「並んでいると似てないけれど、メガネをかけて帽子をかぶっていると…(似ていると言われることはある)」と認めた。


中村は寿司屋で大将に手厚いサービスを受けたときのエピソードを明かし「お礼を言うと、(TOKIOの)山口(達也)くんにはお世話になってますから」と言われたという。ほかにも、中村が松岡昌宏の後輩の舞台を見に行くと、後輩がツイッターに《きょうは松兄が来てた》と投稿していたという。中村は「(松岡の後輩の姿を見に行くと)松岡の好感度が上がる」と笑顔で嘆いていた。



「ふたりで取材されるとポーズが一緒になる」


松岡も飛行機に乗っていて「中村獅童さんだ」と言われたことがあると話し、サングラスをして松岡だとアピールしたところ「(TOKIOの)長瀬智也だ」と間違えられたエピソードを披露し、スタジオを沸かせた。


また磯山も「足の角度も、仕草もすごく似ている」と指摘。松岡と中村は「ふたりで取材を受けると(写真撮影のときに)ポーズが一緒になる」と笑った。そう話しているふたりの姿も腰に手をやるなどシンクロしており、出演者からツッコミを受けていた。


ツイッターでも、このふたりの“そっくり説”に納得するという投稿が多く寄せられた。



《たしかに松岡くんと中村獅童さん似てる》

《確かに同じジャンルの人だ》

《私も舞台見に行ったとき出演者の人が挨拶に来てたからさすが中村獅童、と思ってたらドラムの動きをして「松岡くんだ」と気づいたことある》



“激似”のふたりが出演する舞台では、同じような動きが見られるだろうか。



まいじつ

「TOKIO」をもっと詳しく

「TOKIO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ