キム・カーダシアン、代理母で誕生の次女初公開

3月2日(金)18時30分 ナリナリドットコム

キム・カーダシアン・ウェストが、1月に誕生したばかりの次女シカゴちゃんの写真を初公開した。2月26日、キムのインスタグラム上には2人で写った写真が投稿され、「ベイビー、シカゴ」とキャプションが付けられている。

ノースちゃん(4歳)、セイントくん(2歳)に続いて、今回は代理出産によって生まれたシカゴちゃんだが、以前キムはその代理母に対してこう感謝の意を記していた。

「こんなことまで可能にした現代のテクノロジーに本当に感謝している。全員のためのものではないけど、代理母の人を本当に愛しているし、いまだかつてないほどの素晴らしい経験だった。彼女は最高の贈物を私たちにくれたわ。赤ちゃんとの絆も一瞬で訪れ、あたかもすでに長い時間を共に過ごしたことがあるかのようだった。代理母を持つのはとても特別なことよ。家族を増やすという夢を叶えてくれた。やっと私たちの女の子を家に迎えることができてとても興奮しているの」
「常に私は妊娠についての悩みを正直に打ち明けてきたわ。子癇前症や癒着胎盤はリスクの高い疾患だから、3人目の赤ちゃんを考えたとき、医者からは私が自ら出産することは母子共々安全なことではないと言われた。たくさんの選択肢について考慮した結果、カニエ(ウェスト)と私は代理出産という方法に決めたの。代理母という言葉を使ったことは過去にあっても、ホストマザー(借り腹)というのは、遺伝子的に全く関係のない赤ちゃんを産む女性を意味するの」
「伝統的な代理出産は代理母の卵子と人工的に父親の精子を受精させて子供を作る方法だけど、今回私たちがしたのは私の受精卵をホストマザーの子宮に着床させるもので、赤ちゃんは遺伝子的にも私とカニエのものなの。知り合いに頼む方法もあれば、私たちがしたようにエージェントを介してもできるわ」

ナリナリドットコム

「キム・カーダシアン」をもっと詳しく

「キム・カーダシアン」のニュース

BIGLOBE
トップへ