瀬戸康史「仲間に入りたい」 新垣結衣や瑛太の“フラワー卓球クラブ”大集合を羨む

3月2日(木)13時35分 Techinsight

ライバル役を演じる瑛太と瀬戸康史(https://twitter.com/mituoda)

写真を拡大

映画『ミックス。』(2017年秋公開)で主演する新垣結衣瑛太をはじめ、キャストたちが卓球のラケットを手に並ぶところを公式SNSが公開した。物語の関係からだろう、メインキャストながらそのなかに姿のない瀬戸康史はそれを見てツイッターで羨ましさを隠せない様子だ。

3月1日、『映画「ミックス。」(mix_pingpong)ツイッター』にて「フラワー卓球クラブ 大集合〜」「みんなで毎日卓球してますっ!」と投稿されたのは卓球台を前に田中美佐子広末涼子、新垣結衣、瑛太、佐野勇斗遠藤憲一が並ぶ姿である。豪華メンバーに瀬戸康史が「素敵な写真。仲間に入りたいと思うのは私だけでしょうか…」とつぶやく気持ちも分かる。


本作では新垣結衣演じる元天才卓球少女の富田多満子が成長して「恋も仕事もうまくいかないアラサー」となってからの物語だ。「フラワー卓球クラブ」を続けていた母親が亡くなり経営が傾く。多満子はクラブを再建しようと元プロボクサーの萩原久(瑛太)とミックスを組み全日本選手権を目指すが、実は元カレで渚テクノロジー卓球部所属の江島晃彦(瀬戸康史)を見返そうと奮起したところが大きい。

瀬戸が演じる江島は多満子と遊びで付き合っており、彼女を捨てて渚テクノロジーの新入社員で美人卓球選手の小笠原愛莉と交際しだす。クラブの違いもあるがそうした関係にあって「フラワー卓球クラブ 大集合〜」のなかには入れないわけである。

また、多満子とミックスを組む萩原役の瑛太は『瑛太(mituoda)ツイッター』で「瀬戸くんに三連勝したよ!! ヘッヘッヘ〜」とツイートしており、撮影現場では空き時間に熱い戦いが繰り広げられているようだ。

出典:https://www.instagram.com/mix_pingpong
出典:https://twitter.com/mituoda
出典:https://twitter.com/lespros_sec1

Techinsight

「卓球」をもっと詳しく

「卓球」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ