ベッキーの寄付話はねつ造?日本ユニセフの「否定」で首を絞めた!?

3月3日(木)17時59分 アサ芸プラス

 3月1日、日本ユニセフ協会は「2016年2月発売の週刊誌記事に関連して」と題したコメントを発表。ユニセフ関係者が個人の寄付履歴を週刊誌に明らかにしたとする記事が事実ではないとした。

 誌名こそ書かれていないが、この週刊誌は2月25日発売の「週刊新潮」で、現在活動休止中のベッキーがこれまでに日本ユニセフに寄付した募金で、アフリカに5つの校舎が建ったというエピソードについての反論だと見られる。

 これを指して「寄付がねつ造」ということにはならないが、期せずしてみずからの首を絞める形になった。

「この記事は、ほかにも共演者や関係者に謝罪の手紙を送っており、その数が100通にも及ぶことなど、一貫してベッキー擁護の内容でした。しかし、寄付の話は人柄を表すエピソードではあるものの、騒動の根幹である不貞問題とは無関係。マイナスイメージが払拭できるものではありません。それに加えて日本ユニセフからの反論ですから、結果的にベッキーの足を引っ張っただけですよ」(週刊誌記者)

 マネージャーの発言も載るなど、事務所側のリークと目されるこの記事。火に油を注いだ質問NGの釈明会見といい、ことごとく事務所の対応の拙さが露呈してしまっている。視聴者の反応以前に、ベッキーと事務所の信頼関係が気になるところだ。

アサ芸プラス

「ユニセフ」をもっと詳しく

「ユニセフ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ