「爺さんの次は嫁?」DAIGOの“北川景子ネタ”に視聴者が飽き始めていた!

3月3日(日)9時58分 アサ芸プラス

 2月26日、「スッキリ」(日本テレビ系)に出演した、タレントのDAIGOだが、そこで話し始めた妻・北川景子とのラブラブぶりが視聴者に反感を買っている。

「DAIGOは日テレの『幸せ!ボンビーガール』のMCを務める際、前もって北川と台本の読み合わせをして練習に付き合ってもらっていたことを明かし、さらに『平成で起きた印象的な思い出』を聞かれると、『“KKKK”かな』と答え、『KK(北川景子)と結婚ね』と、おのろけ発言を連発したんです」(テレビウオッチャー)

 その直後に放送された「バゲット」で青木源太アナのインタビューを受けたDAIGOは、自身が青木アナを「青源」と呼ぶことについて、「ウチの奥さんも家で呼んでて」とまたもや北川を登場させ、「これだけはないとダメだなと思うものは?」の質問に、「それはやっぱりOS(奥さん)じゃない?」と、照れる様子もなく語ったのだ。

「この夫婦の場合、一般的にウケがいい印象から、DAIGOの愛妻家ぶりに称賛の声があがると思っていました。ところが今回、SNS上ではかなりの数の批判投稿が見られたんです。そのほとんどが、《また嫁のネタ?》という、もう飽き飽きといったものでした」(ネットウオッチャー)

 しかもその内容は、〈お爺ちゃんとのコラボの次はヨメとのコラボか〉〈音楽の才能ないDAIGOはタレントとして落ち目の時に北川景子に救われた〉とかなり辛辣だ。

「確かに、本業のアーティストとしてはパッとしないDAIGOは当初、お爺ちゃんの竹下登元首相を含めた華麗なる政治家の血縁ネタに加え、そぐわない突飛なキャラで認知度を得てきました。しかも、血縁ネタが枯れ始めたところで好感度の高い北川を伴侶に迎えた点は、まさに勝ち組と言えます。ただし今回の反応を見ても、近ごろはその血縁ネタに代わる嫁ネタの連発で、確実に視聴者の反感を買い始めている。ゴールデンのバラエティー番組を多く抱えているだけに、これが致命傷を招かなければいいのですが」(芸能記者)

 そろそろ嫁ネタも卒業したほうがいいかもしれない。

アサ芸プラス

「DAIGO」をもっと詳しく

「DAIGO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ