ジャニーズ退所で鎖が外れた赤西仁…下半身狙う女性たちが不穏な動き

3月3日(月)19時0分 メンズサイゾー

 元KAT-TUNで歌手の赤西仁(29)がジャニーズ事務所との契約満了により、2月末で同事務所を退所したことを自身のTwitterとフェスブックで報告した。「株式会社ジャニーズ事務所と契約を更新しない旨を合意致しました」と記述しており、赤西の方から「辞めたい」と申し出たと伝えられている。


 赤西は「子供のころからの夢である海外での活動も、今まで以上に取り組みたく、今回の合意に至りました」などと経緯を説明。黒木メイサ(25)との無断デキ婚をはじめ、たび重なる夜遊び報道や突然のグループ脱退、薬物使用疑惑など数々の問題行動で仕事を干され、飼い殺し状態になっていることへのいら立ちが限界に達したようだ。今後は海外進出を加速させるつもりのようだが、今まで以上にイバラの道になりそうだと指摘されている。


「テレビでも音楽業界でも、ジャニーズ事務所と問題を起こしたタレントは誰も使いたがりませんから、しばらく国内での活動はインディーズが精一杯でしょう。海外進出に意欲を見せているようですが、身のほど知らずもいいところ。過去に赤西はジャニーズ事務所のバックアップで米国デビューを果たし、ミニアルバムが米iTunesの総合チャートで15位に入る快挙を達成した。しかし、これは事務所側の戦略でアメリカの人気歌手ジェイソン・デルーロをアルバムに参加させたから話題になっただけ。赤西の実力で売れたわけではない。アメリカでライブをやった際も『大成功』と報じられたが、客は日本から駆けつけたファンや現地の日本人ばかりだった」(芸能関係者)

 一時は仕事のない赤西が“イクメン”として子育てを担当し、メイサをサポートしていると伝えられていた。だがそれも束の間、最近は家を空けることが多くなり、六本木などでのクラブ遊びも再開したと報じられている。このままでは夫婦格差が開くばかりで結婚生活にも暗い影が忍び寄ってきそうだ。さらに、夫婦仲を裂くような不穏な動きがあるという。


「赤西と同じKAT-TUNの元メンバーである田中聖は、かつてキャバ嬢やAV女優らを集めて都内のクラブでパーティを頻繁に開いていました。そこに集まる女性の多くは、田中が目的ではなく『赤西くんや亀梨(和也)くんと知り合いになりたい』という下心があったようです。赤西や亀梨と親しくなりたいがために田中と肉体関係を持った女性も少なくないといいます。しかし、真面目タイプの亀梨はもちろん、放任されていた田中とは違って赤西は夜遊び癖があっても事務所のガードが堅く、簡単に近づけなかった。赤西もパーティをよく開いていましたが、集まる女性は厳選されたセレブやタレント、モデルばかりでしたから付け入るスキがない。ですが、事務所を辞めたことで客層が変化し、今まで近づけなかった女性たちにもチャンスが生まれる可能性がある。実際、赤西の下半身を狙っていた女性たちは色めきたって『いつパーティあるの?』などと関係者に聞いて回っているようです」(前同)


 ジャニーズという大きな後ろ盾を失い、仕事が前途多難なのは誰の目にも明らか。ヒマを持て余した赤西に女性が群がれば、火遊びに手を出してしまうこともないとは言い切れない。夫婦間格差に加えて不倫に走るようなことがあれば、さすがのメイサも夫に愛想を尽かしてしまうだろう。誘惑に負けず地道に音楽活動に取り組み、再浮上を目指してほしいが…。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「ジャニーズ」をもっと詳しく

「ジャニーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ