向井理と国仲涼子の謎めいた新婚生活。親族顔合わせもせずに入籍を急いだのはナゼ?

3月3日(火)18時0分 messy

左:『ぼくらは働く、未来をつくる。 向井理×12人のトップランナー』朝日新聞出版/右:『ふるさと』ポニーキャニオン

写真を拡大

 昨年12月28日、大安の日に婚姻届を提出した俳優の向井理(33)と女優の国仲涼子(35)。年末の駆け込み入籍となったわけだが、この二人、実は3月現在もいまだ同居していない状態なのだという。

 国仲は現在放送中の月9ドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』(フジテレビ系)に出演中、向井は今秋公開予定の映画の撮影中で、ともに仕事が多忙。まずは仕事優先で同居は落ち着いてからと考えたとしても不自然なことではないだろう。引っ越しにはものすごいパワーを伴う。新しい物件探しに家具選び、今まで住んでいた部屋の片づけ、業者手配に梱包、引っ越し当日を乗り切っても片付けが……といった具合である。

 しかしこの別居婚よりももっと不可思議なのは、両家の顔合わせさえまだすんでいないという点だ。3月3日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)では、国仲のドラマ撮影終了のタイミングで共に休みをとり、沖縄へ飛んで両家顔合わせをする予定となっている、と報じている。だが、それならば昨年末に急いで入籍する理由もなかったのでは? いくら国仲の実家が沖縄とはいえ、飛行機だと羽田から2時間半で行ける距離だ。その時間さえ取れなかったほど、2人は(あるいはどちらかが)多忙だったということだろうか。なんとも謎めいた夫婦であるが、そこにはいったいどんな理由があるのだろうか——。

 大抵のカップルが入籍を急ぐ大きな理由、それは妊娠である。先に「入籍しました」と発表し、数カ月後に「実はお腹に赤ちゃんがいます。安定期に入ったので発表します」と明かしてデキ婚カムフラージュを目論む芸能人夫婦は増えている。しかし、国仲に関しては目下、今ドラマの撮影中であり、おそらく妊娠の可能性はかなり低いと言えるのではないだろうか。実際、ドラマ内のワンシーンで峰不二子風のピタピタ黒レザースーツに身を包んだ国仲のお腹はぺったんこで、スレンダー体型と呼ぶにふさわしいものだった。妊娠でないとすると、次に考えられるのは両家のどちらかが結婚に反対しており、顔合わせをできずにいるのではないかということになるが……。



 入籍前、11月の時点ででた結婚報道では「夏ごろにはお互いの両親に引き合わせていた」という記事もあったようなのだが、どうやらこれは誤報のようだ。前出の「週刊女性」には、11月の結婚報道以前に取材をしたという国仲の父親のコメントが掲載されているのだが、父親は「結婚するなんて初耳です。向井さんとおつきあいしているのは知っていますが、会ったことはありません」と答えている。ただ、特に結婚を反対しているような雰囲気は感じられない。

 もうひとつ考えられるのが、この結婚の主導権を握っているのが、当事者ではないという可能性である。というのも、昨年秋、ネットメディア記者から結婚までの具体的スケジュールについて直撃取材された向井は困惑気味ながらもこう答えている。

「会社のほうで、どういう話になっているかわからないんです……」
「今回の(結婚)報道も当日に知ってビックリするパターンだったんで」

 会社、つまり向井の所属するホリエージェンシーで、結婚時期について話し合いが持たれていたということだろう。「結婚したい俳優」ランキング上位に君臨してきた人気イケメン俳優だけに、入籍のタイミングやメディア発表、そして既婚となってからの方向性など様々な面で慎重にマネジメント計画が練り直されたのかもしれない。他方、国仲の所属は沖縄出身タレントを多く抱えるライジングプロダクション。どちらも大手であるため、双方の事務所で打ち合わせをし、事務所主導で入籍日を決めることとなったのだろうか。向井は事務所からの一方的な押し付けにとうてい納得しそうにないタイプだが、合理主義者でもあるため、これに従ったのか……それにしても、自分の結婚報道を当日に知ってビックリするというのも不思議な話だ。

 とはいえ、順調に事が運べば、3月下旬に両家顔合わせが実現し、初夏には同居生活をスタートできそうな夫妻。新婚生活を楽しんでほしいものである。
(エリザベス松本)

messy

「向井理」をもっと詳しく

「向井理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ