たぶんバカゲー、宇治市のPRゲームがヤバい

3月3日(金)18時48分 ナリナリドットコム

京都府宇治市は3月3日、同市の名所旧跡や名産品をモチーフにした完全オリジナル2D横スクロールアクションゲーム「宇治市 宇治茶と源氏物語のまち」を制作したと発表した。このゲーム、スーパーファミコンあたりのゲームを彷彿させる出来で、プレイを熱望する人も多そうだが、現時点では「ゲームとして公開するかどうかは未定」だという。

どのようなゲームなのかは、開発段階のものを、人気ゲーム実況主の愛の戦士さん、とりっぴぃさんがプレイした動画が公開されている(https://www.youtube.com/watch?v=33HfTmaY4i8)。20分を超える動画だが、時間がない人向けのダイジェスト動画(https://www.youtube.com/watch?v=naP3o9fFAC4)も用意。ストーリーやゲームの内容もかなり作り込まれていることがわかる。

ゲームは、世界遺産を含む様々な魅力を持った街・宇治市が、ナゾの大魔王にのっとられたところからスタート。プレイヤーは平安貴族になって、美しい宇治市を取り戻すべく奮闘する。実際の宇治市に存在する名所旧跡をめぐり、宇治市ゆかりのキャラクター達とともに「宇治のカケラ」を集めていく——という内容が動画で紹介されているが、宇治市は「不思議なテレビゲームを遊んでいる友達を後ろから眺めるような気持ちでご覧ください」と、軽い気持ちで見ることを勧めている。

ナリナリドットコム

「宇治市」をもっと詳しく

「宇治市」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ