警察官が暴力団マネー元手に「ヤミ金経営」の重大問題

3月3日(土)7時0分 NEWSポストセブン

ミイラ取りがミイラに…(時事通信フォト)

写真を拡大

 東京・霞が関にそびえ立つ警視庁本部。首都の治安を守る“総司令部”が、スキャンダルに揺れている。


「ただの懲戒処分で終わるのか、事件の捜査対象になるのか。警視庁内でも成り行きが注目されています」


 そう声を潜めるのは、事情を知る警視庁関係者だ。問題となっているのは、ある現役刑事による、信じがたい“トラブル”である。


「東京東部の警察署に勤務するA巡査部長が昨年から数回にわたって、監察(*)の取り調べを受けた。現在は謹慎処分中で出勤はしていないようです。懲戒処分は免れそうになく、取り調べの結果次第では逮捕・起訴の可能性さえある」(前出の関係者)


【*警察不祥事の捜査、警察官の服務規定違反などを取り締まる役割を担う。「警察の警察」などと言われる】


 複数の関係者によると、Aは所属先の警察署で暴力団対策を担当していた。日頃から暴力団組員らと接触を繰り返しているうちに、在京の指定暴力団組員との「黒い交際」にはまりこんでいったという。


「Aは勤務先の警察署近くの繁華街にあるスナックなどで、組員から接待を受けていた。関係を深めていくうちに金銭の提供も受けるようになっていった。そしてあろうことか、その金を元手にヤミ金を始めていた疑いがあるのです」(同前)


 国や都道府県への登録をせずに貸金業を営む“ヤミ金融”は、貸金業法違反にあたり、起訴・有罪になれば5年以下の懲役、1000万円以下の罰金が科される。Aの“副業”の中身はどんなものだったのか。


 前出の警視庁関係者は「Aの顧客の中には、韓国クラブのホステスらが含まれていた。Aは捜査を通して知り合った実業家に、『金貸しをやっている知り合いがいる。客を紹介してほしい』などと協力を求めて客を募っていた。仲介役となった実業家には手数料を支払い、自分の関与を隠すためか、客から受け取る借用書の貸し主の欄は空白にしていたようだ」と明かす。


 高金利で暴利を貪っていたAの副業の噂は、やがて警察上層部に知れわたり、謹慎処分が下された。警視庁はこう答えた。


「個別の事案については回答を差し控えさせていただきます。一般論で申し上げますが、職員に規律違反があれば、厳正に対処しております」(広報課)


 Aが警察署に再び現われる時、その“肩書き”は、警察官か、容疑者か。


※週刊ポスト2018年3月16日号

NEWSポストセブン

「警察官」をもっと詳しく

「警察官」のニュース

BIGLOBE
トップへ