蛭子能収氏 漫画家復帰を後押しした“自販機本”への恩義

3月3日(土)7時0分 NEWSポストセブン

蛭子さんは自販機本漫画界の大御所(撮影:内海裕之)

写真を拡大

 いまやテレビのバラエティ番組でも人気の蛭子能収さんは、1973年に『月刊漫画ガロ』で漫画家デビュー。ところが原稿料ゼロだったため、次第に漫画から遠ざかっていた。そんな状態にある蛭子さんが漫画家復帰のきっかけを与えてくれたのは自販機本だった。蛭子さんに、復帰した当時のことを聞いた──。


 * * *


 26歳の時に漫画誌『ガロ』に投稿したら入選したんですよ。喜んだのも束の間、掲載されてもギャラが出ない。締め切りもないので、徐々に年1回くらいしか描かなくなり、アルバイトで働いていたダスキンの正社員になりました。


 31歳の頃、見知らぬ編集者から電話が掛かってきて、「ファンなのでぜひ描いてください」と。ヒッピー風の男性2人と会って、自動販売機だけで売る『Jam』に掲載すると説明されました。“ああ、俺はこういう本からしか注文来ないんだな”……と思いましたが、「エロの要素は必要ないので、好きなように描いてください」といわれたので引き受けました。


 ストーリーは人殺しで、タイトルも『不確実性の家族』とか真面目でしたから自販機本には不相応でしたねえ。途中からは、エッチなシーンも入れるようにしましたけど、編集者から何か指示されたことは1回もありません。


 毎回12ページで原稿料が7万2000円も出たんですよ。生活費と競艇で消えたけど、会社の月給と同じくらいだから漫画家としてやっていけるかなと思いました。『Jam』をきっかけに他の雑誌からも依頼が来るようになって今がある。だから、恩義を感じているんです。



 自販機本って、今プレミアが付いてるんですか? 俺も取っておけばよかったなあ。そしたら結構お金になるでしょ。失敗しました。(マネージャーから、「個展のために事務所に何冊も保管している」と聞いて)え!? じゃあ、それは俺のものだよね。最近、小遣い制になって、1日に競艇で使えるお金は以前の10分の1。事務所の自販機本売って、競艇場行こうかな。


●えびす・よしかず/1947年生まれ、長崎県出身。1979年、『Jam』への寄稿で漫画家としての基盤を築く。1987年、劇団「東京乾電池」の舞台出演を機に芸能活動も開始。人生相談に答えた著書『笑われる勇気』が発売中。


※週刊ポスト2018年3月9日号

NEWSポストセブン

「漫画」をもっと詳しく

「漫画」のニュース

BIGLOBE
トップへ