女性になったキム・カーダシアンの元養父、理想の男性パートナー像を語る

3月3日(木)20時25分 Techinsight

ケイトリン・ジェンナー、男性との交際に前向き

写真を拡大


元オリンピック陸上競技選手で、私生活では3度も女性と結婚・離婚したケイトリン・ジェンナー(元ブルース・ジェンナー、66)。彼女は長年男性として暮らし、6人の実子を元妻らともうけたものの、昨年に入りトランスジェンダーであることを公表。顔と体を外科手術で女性的に変え、今に至る。その彼女が、TV番組で“理想の男性像”を明かした。

キム・カーダシアンの元養父であるケイトリン・ジェンナーは、「声が中年男性そのもの」と悩みを告白済み。しかし女性的な容姿を手に入れた今は、素敵な男性との恋にも憧れているもよう。ケイトリンはTVドキュメンタリー『I Am Cait』の中でこのように語っている。

「正直に言うわね。もし男性と関係を持つとしたら、ドアもさっと開けてくれるような人が良い。男女関係では伝統的とされるようなことよ。そういう扱いを受けたいと思う。」

ちなみにケイトリンは、キム・カーダシアンの実母クリス・ジェンナーの元夫。クリスはケイトリンが男性との交際を望んでいることについて、「混乱してしまう」「でも幸せになってほしい」と明かしていた。

今は忙しくデートする暇もないというケイトリンだが、素敵な恋に憧れる彼女は「I'm open」とコメント。70代が迫る彼女の幸せを、カーダシアン家の人々も願っている。
(TechinsightJapan編集部 洋子アンダーソン)

Techinsight

「キム・カーダシアン」をもっと詳しく

「キム・カーダシアン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ