ジョージ・クルーニー「カメラは容赦なく“老い”を暴く」

3月3日(木)16時28分 Techinsight

ジョージ・クルーニー「演技は楽しいが、加齢は隠しようがない」

写真を拡大


年をとってもなお素敵なジョージ・クルーニーは、“優雅に年齢を重ねている男性セレブ”第1位に選ばれたこともある。しかし今年春に55歳になるジョージは、本格的な老いの到来を意識し始めているという。

54歳の今も絶大な人気を誇るジョージ・クルーニーだが、本人はスクリーンに映る自身の姿に“老い”を感じるらしい。このほどジョージは『BBC News』の取材を受けてこう語った。

「人が老いる姿なんて、見たがる人はいないと思う。でもカメラは容赦ないからね。」
「役者は自分にピッタリの映画を選ぼうとする。でも年をとると、そういう映画も減っていく。そりゃあ演技は楽しいよ。でもそのうち“カメラの前にずっと立つなんて無理だ”と理解するようになるのさ。」

またジョージは「加齢を食い止めようとは思わない」として、こうも付け加えた。

「加齢を受け入れないと。抵抗したってダメ。選択肢はふたつしかない。そのまま年を取るか、死ぬかだよ。」

年齢にはずいぶんドライなジョージだが、今もダンディな彼を欧米メディアは絶賛。過去に『GQ』誌は「ジョージのような年のとり方」を特集し、「日焼けを防止すること」「アイクリームを使用すること」「砂糖の摂取を減らすこと」といったポイントを取りあげていた。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

「ジョージ・クルーニー」をもっと詳しく

「ジョージ・クルーニー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ