『3年A組』天真爛漫な森七菜に「3Aの天使」「どちゃくそホレる」

3月4日(月)4時0分 マイナビニュース

俳優の菅田将暉が主演する日本テレビ系ドラマ『3年A組−今から皆さんは、人質です−』(毎週日曜22:30〜)。3日に放送された第9話では、正義のヒーロー・ガルムフェニックスが菅田演じる一颯を助けた(※以下、ネタバレ要素があります)。

美術教師・柊一颯が、卒業直前のタイミングで、永野芽郁演じる生徒・茅野さくららを人質にとり、数カ月前に自ら命を落とした景山澪奈(上白石萌歌)の死の真相について授業を行うという衝撃の学園ミステリー。前回の第8話のクライマックスで、単身校舎に乗り込んだ郡司(椎名桔平)と一颯が格闘を繰り広げ、一颯はピンチに陥ったが、間一髪のところで助けたのが、ガルムフェニックスだった。

この様子をモニターで見ていた堀部瑠奈(森七菜)は「ガルムフェニックスだ…」と涙。その後、ガルムフェニックススーツを片付けて立ち去ろうとするスーツアクターのファイター田中(前川泰之)に「もうお別れなんて…」と惜しみながら、「あの、最後に…」と握手してもらうと、天真爛漫に跳ねて喜んだ。

そこで、一緒にいた電脳部仲間の西崎颯真(今井悠貴)が「なんで助けてくれたんですか?」と質問。これに対し、田中は「世界を敵に回してでも正義のために戦うのが、ガルムフェニックスだから」と決め、瑠奈は「ヤバい! どちゃくそホレる」とメロメロだった。

そんな瑠奈役の森に、SNS上では「可愛い これからブレイクしそう」「3Aの天使」という声や、むしろ森に対して「どちゃくそホレる」「握手したい」といったツイートが相次いでいた。

マイナビニュース

「天使」をもっと詳しく

「天使」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ