「隠しきれないF」酒井若菜の胸チラ入浴シーンに興奮の声続出

3月4日(月)7時30分 まいじつ

2月27日深夜、ドラマ『さすらい温泉 遠藤憲一』(テレビ東京)にて、女優・酒井若菜の入浴シーンが放送された。90年代後半、グラビアアイドルとして人気を博した酒井の豊満ボディー再来に、ネット上では《相変わらずエロい》《まだまだイケるわ》と称賛が続出している。


【関連】「パツパツでけしからん」橋本環奈の新CMコスが強調し過ぎと話題 ほか


同ドラマの主演はタイトル通り遠藤憲一で、演じているのも本人役。芸能界を引退した遠藤が「中井田健一」という偽名の〝派遣仲居〟となり、全国の温泉宿で働く様子を取材するという設定のドキュメンタリー風ドラマだ。


そして、このドラマ最大の注目ポイントが〝湯けむり美女〟として出演するゲストたち。女優、セクシー女優、グラビアアイドルらが仲居や若女将役として毎回登場する他、彼女たちの入浴シーンが〝お約束〟となっている。



20年たった今でも健在!


酒井が演じたのは、「南熱海網代山温泉 竹林庵みずの」の女将・和佳奈。美人だが仕事一筋でいまだ独身という役柄は、酒井の年齢とマッチして妙にリアルな色気を醸し出している。


入浴シーンが訪れたのはドラマ冒頭。遠藤は新たな派遣先での活躍を胸に誓っていたが、入浴中の和佳奈が「私、面白い人が好き…ケンさんみたいな」とつぶやくあらぬ姿を想像してしまう。同シーンで浴槽の縁に手をかけ、振り返ってからセリフを発した酒井。すると、手を伸ばしたことで寄せられた胸元にはわずかながら膨らみが浮かび、自慢のFカップバストが20年たった今でも健在であることを証明した。




ネット上には、



《隠しきれないF》

《若ぱいサービス》

《酒井若菜のグラビア好きだったなあ》

《若菜まだいけるな》

《また脱いでほしいし今でもいける》

《40手前だけど元がロリ顔だから余裕だわ》



などといったイヤらしい歓声が続出。ほとんど変わらぬ肉体に、視聴者も興奮してしまったようだ。


今でも需要があると分かった以上、酒井には一刻も早く〝完熟F〟を開放することが求められるだろう。



【あわせて読みたい記事ランキング】



「隠しきれないF」酒井若菜の胸チラ入浴シーンに興奮の声続出まいじつで公開された投稿です。

まいじつ

「酒井若菜」をもっと詳しく

「酒井若菜」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ