MAN WITH A MISSION、ツアー初日に映像作品第5弾の発売をサプライズ発表

3月4日(土)17時0分 OKMusic

3月3日@Zepp Sapporo (OKMusic)

写真を拡大

MAN WITH A MISSIONが3月3日、ツアー『Dead End in Tokyo TOUR 2017』の初日であるZepp Sapporo公演で、2017年春に自身5作目の映像作品となる『狼大全集V』のリリースをサプライズ発表した。内容や発売日等の詳細は近日発表される。

ツアー初日となるZepp Sapporoでは、Fall Out Boyのパトリック・スタンプをプロデューサーに迎えた最新シングル「Dead End in Tokyo」はもちろんのこと、人気楽曲や過去にライブではなかなか演奏してこなかった楽曲もふんだんに散りばめられ、雪が降る札幌で圧倒的な演奏で観客達を熱狂させた。

今回全7会場のゲストバンドとしてHAWAIIAN6、GOOD4NOTHING、FUNKIST、dustbox、Nothing's Carved In Stone、SHADOWS、BIGMAMAも同行しており、ツアー初日はスリーピースメロディックパンクバンド、HAWAIIAN6がステージを盛り上げた。

このツアーは3月7日のZepp 東京、3月10日の仙台PIT、3月15日のZepp 名古屋、3月20日のBLUELIVE 広島、3月24日のZepp 大阪bayside、4月1日のマリンメッセ福岡まで続いていく。

Photo by Daisuke Sakai (FYD inc.)

MAN WITH A MISSION presents『Dead End in Tokyo TOUR 2017』

3月10日(金) 仙台PIT
3月15日(水)Zepp 名古屋
3月20日(月・祝) BLUELIVE 広島
3月24日(金) Zepp大阪bayside
4月01日(土) マリンメッセ福岡

OKMusic

「MAN WITH A MISSION」をもっと詳しく

「MAN WITH A MISSION」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ