想像力で変化する絵本!「ONE PIECE」人気エピソードの絵本が登場

3月4日(日)7時5分 おたくま経済新聞


 尾田栄一郎さん原作の大人気コミック「ONE PIECE」。2017年に発売された同作の連載20周年記念ムック「ONE PIECE magazine」(全3冊)に連載され好評を博した絵本が大幅な加筆を経て、3月2日(金)に株式会社集英社より発売されました。

 この絵本「ONE PIECE picture book 光と闇と ルフィとエースとサボの物語」は「ONE PIECE magazine」に掲載された、絵本作家・長田真作さんによる作品「光と闇と」を1冊にまとめたもの。書籍化にあたり大幅な加筆が加えられているため、ムック「ONE PIECE magazine」を購入済みの人も一見の価値ありなファン必携の作品に仕上がっています。

 題材となったのは、ルフィとエース、サボの子供時代。3人が義兄弟として固い絆で結ばれたあたりのエピソードは原作でも人気が高く、ファンサイトにも多く語り継がれています。2015年にはテレビスペシャルも放映されたこのエピソードが長田さんによるイラストと文章の斬新な表現で生まれ変わりました。

 原作の尾田栄一郎さんも「想像力で変化する絵本です!」と絶賛。「ONE PIECE」世代の親と子で幅広く楽しめる内容となっています。定価は2000円(税別)でB5判、64ページです。



(C)尾田栄一郎/集英社

(梓川みいな)

おたくま経済新聞

「絵本」をもっと詳しく

「絵本」のニュース

BIGLOBE
トップへ