43億円負債のNIGO 自社買収されるも牧瀬里穂とは夫婦円満

3月4日(金)7時0分 NEWSポストセブン

1993年に「A BATHING APE(通称『BAPE』)」を展開して以来、“裏原”系のカリスマと称されたデザイナー・NIGO(40)。そして、2008年、その彼の妻となった牧瀬里穂(39)。年商70億円といわれる彼との結婚は“玉の輿”のはずだった。しかし結婚から2年、その夫が窮地を迎えた。


「BAPEを手掛けるNIGOの会社『ノーウェア』が今年1月31日に、香港のアパレル小売会社『I.Tリミテッド(以下、I.T)』に買収されてしまったんです。取得額はおよそ2億3000万円でした」(ファッション関係者)


I.Tの発表によると、ノーウェアは2009年、2010年と2年連続で2億円前後の赤字を出し、2010年度末時点の負債総額は10億3000万円にも上ったという。それだけでなく、同社は金融機関への25億7300万円の借入金と17億円あまりの賃料などを支払わなければならない状況にあった。


「I.Tは以前からBAPEの商品を香港や中国で販売するなどノーウェアとのつきあいがありました。NIGOさんは昨年6月にI.T側と相談して、43億1100万円の負債を担保する形でノーウェアを買ってもらったんです」(前出・ファッション関係者)


2月7日に発行されたファッション週刊紙『WWD JAPAN』では、NIGO自ら今回の売却理由を告白。所有していたノーウェアの商標も株式64%もすっかり売り払ってしまったという。同紙の中で「クリエイションに専念したかった」と語っているNIGO。売却後もノーウェアにとどまり、デザイン・制作の指揮を任されているというが、契約期間はわずか2年間という。


こうなると気になるのは妻・牧瀬との仲だが、彼女の自宅近くの住民は、こう話す。


「牧瀬さんはご主人と一緒によく家の近所を散歩していますよ。近所のカフェでコーヒーをテイクアウトしてるのも見かけました」(近所の住民)


高級車でドライブじゃなくても、夫婦の絆は変わらぬままのよう。


※女性セブン2011年3月17日号

NEWSポストセブン

「夫婦」をもっと詳しく

「夫婦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ