波乱の人生送った小泉元総理の元妻 講演後に感動で泣く人も

3月4日(金)16時0分 NEWSポストセブン

離ればなれになった三兄弟も晴れて再会

写真を拡大

 小泉純一郎元総理(74才)の元妻である宮本佳代子さん(60才)は、これまでほとんど表舞台に上がることはなかった。しかし、昨年11月には不動産業界団体「日本賃貸住宅管理協会」が開催したフォーラムの「レディース委員会全国パーティ」で講演を行ったほか、健康情報誌『いきいき』4月号(3月10日発売)でのインタビューを受けるなど、彼女はその半生や3人の息子たちへの思いを語リ始めている。


 佳代子さんは青山学院大学在学中の1978年に純一郎氏と結婚。その年に長男・孝太郎、1981年に次男・進次郎氏が生まれた。しかし、1982年9月、純一郎氏と佳代子さんは離婚。当時妊娠6か月、お腹の中には三男・佳長さんがいた。


 佳代子さんは長男と次男を残して小泉家を離れ、実家のある鎌倉でひとり、佳長さんを出産。長男、次男の親権は小泉家が持ち、三男の親権は調停の結果、佳代子さんが得た。


 それから、佳代子さんは長男や次男と会うことはなく、純一郎氏も三男と会うことはなかった。しかし、2008年に純一郎氏が政界を引退し、後継者に進次郎氏を指名したことで、母子の節目が変わった。


「この時、進次郎さんは“家のことは任せた。お前たち3人は兄弟だから仲よくすればいい”と純一郎さんから告げられ、生き別れ状態の佳長さんと初めて連絡を取って食事会を催しました。それから孝太郎さんも交えて兄弟3人でちょくちょく会うようになりました」(小泉家の知人)


 その後の雪解けは早かった。2010年末には東京・赤坂のレストランで純一郎氏と3人の息子が並んで食事する模様を女性セブンが伝えている。そして迎えた2013年11月、佳長さんが結婚。式場のホテルオークラには小泉家全員の姿があったという。


「式には純一郎さんと孝太郎さん、進次郎さんも出席し、5人全員が揃いました。佳代子さんにとって30年ぶりとなる元夫と息子たちとの公の場での再会でした。佳長さんを身ごもってからの半生を思い起こした佳代子さんは、目の前に広がる光景に万感の表情でした」(宮本家関係者)


 佳代子さんは長年の空白を埋めるように息子たちと会話を交わした。三男も結婚で独立し、現在佳代子さんは鎌倉でひとり暮らしを送っている。


「とはいっても、まだ現役バリバリのキャリアウーマン。“孫を楽しみに”という感じではありません(笑い)。孝太郎さんや進次郞さんの結婚についてもよく聞かれるそうですが“本人たちの自由だから”と言っています。



 佳代子さんは“私は結婚、出産、子育て、仕事、離婚、すべて経験しているけど、していないのは再婚だけね”とよく言うんです。これだけ波瀾万丈な人生を送った人も少ない。家柄や仕事、なにかを気にするのではなく、一度の人生ですから自由に生きなさいということが3人の息子への何よりものメッセージなんでしょうね」(前出・関係者)


 11月に行われた佳代子さんの講演会場の片隅に三男の姿があった。彼女は一家の大黒柱として走り抜けてきた半生を常々こう語っていた。


「一目顔も見られない孝太郎や、進次郞のことを思うと仕事もなにもかも放り出してやめてしまいたいと思うことは幾度となくあった。それでも必死に頑張ってきて、人と人とのご縁を大切にして来たからこその今がある」


 講演を終え、割れんばかりの拍手が起きる会場で、感動して泣いている女性たちの姿もあった。


「自分から積極的に表へ出たわけではなく、周囲の声に押されたようですが、子供の独立、そして60才という仕事の区切りを目前に、佳代子さんも考えが変わっていったようです。自分の壮絶な体験を語ることで、世の中の多くの悩む女性たちを元気づけることができるのなら、と思っているんでしょう。でもそのメッセージは、誰よりもいま第一線で活躍して、これから家族を築いていこうという3人の息子さんたちへと向けられているのではないでしょうか」(前出・宮本家関係者)


※女性セブン2016年3月17日号

NEWSポストセブン

「小泉純一郎」をもっと詳しく

「小泉純一郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ