出川哲朗と初共演から15年、大橋未歩が実感「国民的人気者になられた今も何も変わらない」

3月4日(月)12時52分 Techinsight

出川哲朗と大橋未歩(画像は『大橋未歩 2019年3月3日付Twitter「初めてお仕事させていただいたのは15年以上前。」』のスクリーンショット)

写真を拡大

出川哲朗の冠番組『出川哲朗の病院の歩き方』で出川とともにMCを務めるフリーアナウンサーの大橋未歩が3月3日、SNSで「初めてお仕事させていただいたのは15年以上前」と振り返っている。

大橋未歩は2002年にテレビ東京のアナウンサーとなり、軽度の脳梗塞による療養で休職したこともあった。プライベートでは結婚、離婚、再婚と経験しつつ2017年12月4日をもってテレビ東京を退社した。

そんな彼女が出川哲朗と初めて一緒に仕事をしたのは、テレビ東京のアナウンサーになって間もない頃だ。フリーアナウンサーとなった今も『出川哲朗の病院の歩き方』で共演できることに感慨を覚えたのだろう。

ツーショットとともに、「国民的人気者になられた今も当時と何も変わらない」「どんなに過酷な毎日でもロケバスから軽やかにおりる、それが出川さんです」と人柄を称賛している。

第2弾『出川哲朗の病院の歩き方』は、フジテレビ金曜プレミアム枠で3月8日(19:57〜21:55)に放送される予定。日本一ドクターヘリが稼働する兵庫県・公立豊岡病院に、出川と大橋が潜入して緊迫した現場からリポートするという。

画像は『大橋未歩 2019年3月3日付Twitter「初めてお仕事させていただいたのは15年以上前。」』のスクリーンショット

Techinsight

「出川哲朗」をもっと詳しく

「出川哲朗」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ