“X JAPAN分裂危機”でYOSHIKIとToshlをつなぐ映画に再び注目が

3月5日(火)18時0分 アサ芸Biz

 2018年夏からYOSHIKIとToshlの不仲が盛んに伝えられているX JAPAN。ここにきてバンドの存続を危ぶむ声まで上がっている。

 実際、X JAPANとしての活動は限定的で、YOSHIKIは昨年末の「紅白歌合戦」(NHK)にL'Arc〜en〜CielのHYDEと「YOSHIKI feat.HYDE」として出場。また昨年7月にYOSHIKIのインスタで公開されたレコーディング中の写真には、YOSHIKIを中心にX JAPANメンバーのPATA、HEATH、SUGIZOが写っているものの、なぜかToshlの姿はない。

 さらにToshlの契約形態にも問題があると、昨年7月19日発売の女性セブンが報じている。

「X JAPANのメンバーは、それぞれがYOSHIKIの会社と契約して活動しています。ところがToshlとの契約は2017年に切れ、更新されずそのままになっているとか。X JAPANとして活動する場合は、ステージごとに単発の契約を結ぶそうです」(芸能記者)

 周知のようにYOSHIKIとToshlは幼なじみで、Toshlが宗教団体に洗脳されたことで一時は大きな溝ができていた。その後、和解し、絆は以前よりも強くなったともいわれていた。それがなぜ再び袂を分かつ恐れが浮上しているのだろうか。

「Toshlはいろいろなことにチャレンジしてみたいという意向で、積極的にバラエティ番組に出演しています。それをYOSHIKIが快く思っていない。X JAPANの新アルバムをリリースするとYOSHIKIは話していますが、リリース時期など具体的なことは一向に聞こえてきません。それもX JAPANの今後を不透明にし、ファンをやきもきさせています」(前出・芸能記者)

 ファンの中には、解散のショックは二度と味わいたくないという想いがあるようだ。そこで注目されているのが2017年に公開されたX JAPANのドキュメンタリー映画「WE ARE X」だという。

 同映画はX JAPANの誕生から解散、再結成まで、バンド史を余すところなく描き、HIDEの死やTAIJIの離脱といった負の部分にも触れている。なかでも最も時間を割いているのがToshlの洗脳、離脱から復帰までの顛末だ。

「ここでYOSHIKIはToshlの復帰に関して、『幼なじみが帰ってきてくれて、バンドの復活より家族が帰ってきたことが嬉しかった』と話しています。さらに『何があってもToshlを受け入れる』とも。これがYOSHIKIの本心なら、バラエティ番組に出ている程度でX JAPANの歩みを止めてしまうはずがない。ファンはそう願っているんです」(芸能ライター)

 バンドの危機が報じられている今、YOSHIKIは何を思うのか。

アサ芸Biz

「YOSHIKI」をもっと詳しく

「YOSHIKI」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ