イ・ビョンホンが『トガニ』監督とタッグ、『天命の城』公開日決定、劇中の音楽手掛ける坂本龍一からコメント到着

3月5日(月)18時0分 映画ランドNEWS

『怪しい彼女』『トガニ 幼き瞳の告発』のファン・ドンヒョク監督新作、イ・ビョンホン×キム・ユンソクが主演を務める時代劇『南漢山城(原題)』が、『天命の城』の邦題で6月22日(金)に公開されることがわかった。


天命の城


本作は、1636年に丙子(へいし)の役で清の攻撃を避け、王と朝廷が南漢山城へ逃げ、外へ出ることも攻撃することもできない孤立無援の状況の中で繰り広げられた47日間のストーリーを描いた大型時代劇。主演をイ・ビョンホンが務め、共演にキム・ユンソク、パク・ヘイル、コ・スが名を連ねる。監督を『怪しい彼女』『トガニ 幼き瞳の告発』のファン・ドンヒョクが務める。


本作の映画音楽を手掛ける坂本龍一は「長く韓国映画の音楽をやれたらと思っていました。アジアの映画にはみな興味がありますが、特に韓国の映画は力強いと感じます。『天命の城』はイ・ビョンホンさんが出ていますので、すぐにOKの返事をしました。ファン監督はぼくの想像よりもモダンな音楽を求めていましたので、ぼくもすぐに方針を変えて、かなり斬新な方向に音楽をもっていきました。監督はかなり自由にやらせてくれたので、とてもやりやすかったです」とコメントを寄せている。


映画『天命の城』は6月22日(金)より2018年にTOHOシネマズシャンテほか公開


(C)2017 CJ E&M CORPORATION and SIREN PICTURESALL RIGHTS RESERVED


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「イ・ビョンホン」をもっと詳しく

「イ・ビョンホン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ