浅田舞&村上佳菜子“女子旅”トーク 浅田真央は「宇宙人みたい!」

3月5日(月)19時5分 Techinsight

村上佳菜子と浅田舞が“女子トーク”で盛り上がる

写真を拡大

浅田舞村上佳菜子のフィギュアスケーターコンビが、3月3日に放送された福岡エリアのバラエティ番組『ちょっと福岡行ってきました!』(TVQ九州放送)にロケ出演した。福岡空港前からくじを引いて出た市町村を巡るアポなし旅で「篠栗町→筑前町→糸島市」とミッションをクリアしていくなか、移動中のタクシー内では女子トークが盛り上がる。

2人の関係を聞かれた浅田舞の話では、彼女と村上佳菜子の姉が同い年でスケートをやっていた。そのスケートリンクに「まだ、ホントにちっちゃーい子」だった村上佳菜子も母親の自転車に乗せられて通っていた。

当時、アルベールビルオリンピック女子シングル銀メダリストの伊藤みどりさんが時々教えに来ており、浅田舞は「みどりさんが雪玉を作って、それを投げて佳菜子が取りに行くという練習をしていたのを凄く覚えている」と話すが、当の村上は「全然覚えていない」そうだ。彼女がまだ3歳頃のことで無理もない。


浅田舞の妹・浅田真央と村上佳菜子は小さい頃から仲が良く、テレビ番組で子ども時代の映像を見ても「真央の横にはいつも佳菜子がいる」と笑う。村上は浅田真央の4歳下で「今も2人で旅行に行ったり、食事もするし、ホントにお姉ちゃんみたいな感じで何でも相談する」という。

また、「2人から見た浅田真央さんはどんな人?」と聞かれ、村上が「面白い…」と笑顔で答えれば、浅田舞は「家族なんですけど、なんかもう不思議ちゃん!?」「フィギュアに関してはストイックだけど、それ以外は本当に宇宙人みたい!」「なんかもう、こんな人見たことないというぐらい不思議な人!」とぶっちゃけた。

たとえば「真央の練習用のタイツに大きな穴が開いていたことがある」と明かすと、村上も思い当たり「そ〜、そ〜、そ〜!」とうなずく。姉は妹のそんなタイツを見て「気づていても言っちゃけいないし、誰かに話しちゃいけないことなんだと思った」のだが、浅田真央がテレビに出た時に自らそのタイツの穴を見せて話していたので「意外とOKだったんだ」と安心したという。リンクを離れると天然なところがあるのだろう、村上も「面白いよね! 一緒にいると飽きないし! ずっと楽しい!」と共感していた。

機会があれば浅田舞・浅田真央姉妹に村上佳菜子の仲良し3人組で“女子旅”しながら本音トークするところを見てみたいものである。

画像2、3枚目は『【公式】ちょっと福岡行ってきました! 2018年3月2日付Instagram「明日放送のオフショットをチラ見せ」、2018年3月1日付Instagram「ミッションのボードを持って地元の方に聞き込みをしてますね〜」』のスクリーンショット

Techinsight

「浅田舞」をもっと詳しく

「浅田舞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ