テリー伊藤対談「五月みどり」(2)牛肉もお酒も一切やめた

3月6日(金)9時17分 アサ芸プラス


テリー いろんな人生経験があったのに、それが全然顔に表れていないものね。

五月 でもお顔を少しいじって、若返っているような方を見ると、自分もちょっとやってみたいなと思ったりはしますけど(笑)。

テリー 整形される方、けっこういますよね。でも五月さんは一切必要ないよ。じゃあ、睡眠や食べ物にくふうしてるとか?

五月 食生活には気をつけていますね。私の実家はお肉屋だったんですが、ステーキのようなお肉のいい部分は、商売をしていると逆に食べられなかったんです。ところが歌手になって、旅先の汽車の中でステーキが食べられるようになって、とてもおいしくて。

テリー いいお肉は元気も出るしね。

五月 本当に大好きだったんですけど、苦労や嫌なことがいろいろと続いたある時、ふと考えたんです。「自分が大好きなものを、やめることができるかしら」と。とにかく1回やってみようと思って。

テリー あ、ステーキを絶つ方向にいったんだ。

五月 牛肉全てをやめたんです。すごくつらいんですよ、好きな食べ物を食べないって。

テリー 全部? じゃあ、すき焼きもダメだよね。

五月 コンソメスープもダメ。だしが牛なので。だからお料理を全部調べて、全て断ち切った。

テリー それはおいくつの時ですか?

五月 アメリカに行くちょっと前かな。35か36歳ぐらいの頃ですね。

テリー えっ、そんな昔から?

五月 そう。それが今まで続いています。今は香りをかげば、メニューに牛を使っているかいないかはすぐわかります。本当に好きだったからこそ、自分で決めて、食べないことを続けたんですね。

テリー 好物をやめることによって、何か得るものがあるという感覚だったのかな。

五月 そうですね。執着を断つというか。あとはお酒もやめました。昔はほんとに飲兵衛で。飲み始めたのは30歳からなんですけど。

テリー アルコールも!

五月 50歳でやめたの。30からだから、20年間でぴったりおしまい。楽しくていいお酒を飲んでいたんですよ。みんなにも喜ばれていたんだけど。

テリー それは想像できます(笑)。五月さんは酔うと脱いでくれそうだし。「おひまなら来てね」って。実際、脱ぐでしょう?

五月 チョロッと見せたりはあったかも(笑)。でもお酒の場にはいろんな人たちがいるのに、酔っ払っても嫌いな人には絶対に近づかないのが不思議ですよね。どれだけベロベロでも、自分が好きな男性側へ必ず行ってるという。

テリー 五月さんはよく口説かれるでしょう。

五月 そんなことはないです(笑)。とにかく、昔はよく飲んでいたんですね。でも50歳になった時に、ふと「こういうことをしてたら私はダメになるな」と思ったんです。そこでも「自分ははたしてお酒をやめられるかしら」と思って。牛肉をやめられたんだから、お酒もやっぱりやめてみよう、と。

テリー すごいなぁ。

五月 ただ、乾杯はやめたくないので、初めの一杯だけは今も飲みます。でも他は一切、飲まないんです。

アサ芸プラス

「テリー伊藤」をもっと詳しく

「テリー伊藤」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ