「女装したゴツいおっさん」上原多香子のセーラー服姿に落胆の声が続出!!

3月6日(木)16時0分 messy

上原多香子公式ブログより

写真を拡大

 7月3日〜21日に東京・池袋のサンシャイン劇場で上演される舞台「夕−ゆう」に女子高生役で出演するSPEED上原多香子(31)。その舞台のポスター用の写真撮影に臨んだ彼女がセーラー服姿を披露した。

 過去に出演した1998年の映画『アンドロメディア』でもセーラー服を着用していた上原。以来、16年ぶりとなるセーラー服に「本番は気持ちもフレッシュに学生時代を演じたいと思います」と意気込んでいた。また、2012年にET-KINGTENN(35)と結婚後、初となる舞台出演に「楽しみで仕方がありません。が、それ以上に緊張しています」と6月からの稽古を待ち望んでいる様子であった。

 1990年年代後半に「STEADY」「WhiteLove」などの数々のヒット曲をリリースしたSPEEDのメンバーとして活躍していた彼女。女性ダンス&ボーカルグループの先駆け的存在であったSPEEDの中で、上原はその持ち前の美貌から「ルックス担当」として絶大な人気を誇った。2000年にグループが解散し08年に再結成するまでの間にも、女優やソロアーティストとして活動の幅を広げてきた彼女だが、12年の結婚後は夫であるTENNの地元・大阪で生活をしており、メディアで見かける機会も少なくなっていた。

 そんな彼女の久々となる今回の舞台。人妻となり色気も増した彼女のセーラー服姿はさぞかし美しいものであろうという期待があったが、実際にはこれまでの彼女のイメージからは想像ができないものであった。体型が崩れているわけでもなく、極端に老けたというわけでもないのだが、絶望的にセーラー服が似合っていないのだ。レトロな雰囲気を演出するためという三つ編みヘアのカツラにもなんだか違和感がある。

 案の定、この姿はネット上で瞬く間に拡散され、「女装みたい」「昔はあんなに美人だったのに……」「おっさん化してる」「なんかゴツイ」という驚きと落胆の声が続出。全盛期の彼女を知る人々にとって、現在の上原の姿は残酷すぎるほどにギャップがあるようだ。

 なお、彼女のルックスの変化は1月に自身のブログでヘアチェンジしたことを報告した時すでに囁かれており、「なんか目が死んでる」「疲労感が漂ってる」とのコメントが見受けられていた。美しさに定評があったはずの上原はなぜこのような状態になってしまったのだろうか?

「しばらく露出を控えた後、久々にメディアに登場した芸能人が『劣化した』と囁かれることはよくあります。テレビやイベントに出演する機会が多く、毎日誰かに見られているという生活から離れた途端、緊張の糸が途切れるせいか以前よりも人目を気にしなくなり、それまでの美しさに陰りが出てくるのかもしれません。上原の場合、元々ルックスのポテンシャルは高いはずなので、まだ31歳なら持ち直すこともできるとは思いますが……」(芸能ライター)

 芸能人とはいえ、加齢や環境の変化で若かった頃のルックスが変化していくのは人間として仕方ないこと。しかし、そのスピードと変貌ぶりがあまりにも早く激しいものであったとしたら、ファン離れが加速する原因になる恐れもある。今回の上原はあの妙な三つ編みヘアのカツラだけでも外して、本来の美しさを引き出せればいいのだが……。(ルイコスタ松岡)

messy

「女装」をもっと詳しく

「女装」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ