熊田曜子、ほしのあき「ママ友」集合写真に激怒する“被害者“たち

3月6日(水)7時30分 まいじつ


(C)まいじつ



「だっちゅーの」のフレーズで1998年の流行語大賞を受賞した元『パイレーツ』の浅田好未が2月27日、自身のインスタグラムを更新。ほしのあき熊田曜子らママ友との集合写真を公開し、話題になっている。


【関連】ママタレ熊田曜子『入館拒否』騒動で共感求めるも逆に非難が続出 ほか



浅田は「しゃべり足りなかったみんなと 次回はもっとゆっくり会いたいな」「最近長生きしたいなぁと切実に思っていて(子供の成長が楽しみだしできれば孫の成長も見守りたい)だから昼寝をやめて7時間睡眠を心掛けることにしたんだ、一昨日から(笑)」などとコメント。ファンからは《皆さんすごいキレイ。うらやましい》《まさに美魔女。スタイル変わらないな》など、多くの反響が寄せられた。


しかし、変わらぬスタイルと美貌に多くの賛辞が集まる一方で、ネット民からは厳しい意見も殺到している。



《インスタに投稿するよりも一生懸命に家事をがんばってるお母さんの方がよっぽどキレイです》

《これって実はブランド物のバッグ自慢じゃね?》

《ほしのあきと熊田曜子の詐欺師コンビじゃねーかよ》

《めちゃくちゃ整形顔だな。どっちにしても詐欺w》



など、散々な言われようだ。


「よくあるママ友芸能人同士の自慢写真ですが、メンバーを見ると嫌でも思い出されるのが2010年12月に発覚した〝ペニーオークション詐欺〟でしょうね。ほしのは30万円の紹介料を受け取って空気清浄機を1080円で落札したことを投稿。熊田もウオーターオーブンを5220円で落札したと紹介しています。ほしのはブログで謝罪した後、芸能活動を自粛していますが、熊田は事件発覚時がちょうど出産と重なったため、なし崩し的に雲隠れ。出産後は何事もなかったかのように芸能活動を再開し、いまだ事件に対しての謝罪がないことから、事あるごとに非難の対象となっています」(芸能記者)



浅田にも流れ弾…


事件に関与した2人は、すっかり〝みそぎ〟を済ませたつもりだろうが、投稿を信じて騙された人にとっては、決して忘れることはできないだろう。


「結局、堂々と一緒に写真に収まってる時点で、罪悪感などは一切ないということでしょうね。本人たちはリア充自慢のつもりでしょうが、多くの人が苦々しい気持ちで見ているのではないでしょうか。また、浅田の7時間睡眠発言も、家事や育児に追われる世の主婦から見れば『ベビーシッターがいなければ絶対無理』と指摘されています」(同・記者)


同じ美魔女でも投稿するたびに絶賛される石田ゆり子のような人物もいるが、今回の浅田の投稿は、明らかに失敗だったと言わざるを得ない。美貌を維持することには必死でも、他人に対する配慮までは気が回らないようだ。



【あわせて読みたい記事ランキング】



熊田曜子、ほしのあき「ママ友」集合写真に激怒する“被害者“たちまいじつで公開された投稿です。

まいじつ

「熊田曜子」をもっと詳しく

「熊田曜子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ