電撃引退の堀北真希 直筆メッセージに込めた「本音」

3月6日(月)7時0分 NEWSポストセブン

突然の引退発表に込めた思いは

写真を拡大

 各スポーツ紙に躍った「引退」の文字にショックを受けたファンも多いのではないか。2月28日、女優・堀北真希(28)が芸能界からの引退を突然に発表した。


「2015年8月に俳優・山本耕史(40)と電撃結婚し、昨年末には第一子を出産。尊敬する山口百恵のように家庭に入って夫を支えたいというのが引退の理由のようです」(スポーツ紙芸能デスク)


 だが、「それは表向きの理由」との声もある。堀北と親しい芸能関係者が声を潜める。


「堀北は所属事務所の敏腕女性社長が育て上げた。母子のように睦まじかった2人の関係は、堀北の結婚でガラリと変わった。山本からの手紙攻勢に陥落したという“交際0日”婚は女性社長にとって寝耳に水だったのです。


 さらに堀北の妊娠報道が安定期に入る前に出てしまったことも亀裂を深めた。その際の事務所の対応に堀北は不満タラタラだったそうです。その後はCMの契約更新にも一切応じず、契約交渉に弁護士を入れるほどギクシャクしていた」


 その確執は第一子誕生の発表にも表われた。


「本来であれば、事務所を通じて発表するのが自然ですが、なぜか山本の親友である元SMAP香取慎吾(40)が司会を務めるバラエティ番組で“暴露”するという形での発表となった。堀北の所属事務所は出産したことも知らされてなかった」(前出・芸能デスク)


 この「電撃引退」には“ある人物”の存在も大きく関係しているという。


「山本の母親、つまり堀北の姑で、山本の所属事務所の社長でもある『山本ママ』の意向があるのではという見方です。彼女は“やり手のステージママ”としても有名で、堀北は彼女に相談したという噂も出ている。堀北の子育てが一段落すれば、復帰して夫婦セットで売り出すのでは、という見方もあるくらいです」(前出・芸能関係者)


 山本ママに真相を尋ねると「あるわけないじゃないですか。私は彼女が(将来的に)どうするかはわからないし、考えたこともありませんから」と答えた。


 とはいえ、「引退」とセンセーショナルに報じられているが、堀北自身は一言も「引退」という言葉を使っていない。


「所属事務所が各メディアに送った文書には『引退』の2文字があるが、堀北の直筆のメッセージには『お仕事から離れる』としか書かれていない。もし復帰するとなれば、『堀北真希』は所属事務所の女性社長がつけた芸名なので使えない。本名で活動するのかもしれません」(同前)


 映画『ALWAYS 三丁目の夕日』でのブレイク以来、男性ファンを虜にしてきた堀北。このまま姿が見られなくなるのは残念だが。


※週刊ポスト2017年3月17日号

NEWSポストセブン

「堀北真希」をもっと詳しく

「堀北真希」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ