実写版「くまのプーさん」にあれれ?? 予告動画から連想「○○にしか見えない」

3月7日(水)19時30分 J-CASTニュース

予告動画(ユーチューブより)

写真を拡大

ディズニーの人気アニメ『くまのプーさん』を実写化した映画『クリストファー・ロビン』が2018年8月3日、米国で公開される。

インターネット上では3月6日、「予告編」動画が公開された。


「めっちゃぬいぐるみ(笑)」


映画では、原作の「その後」が描かれる。少年だった主人公のクリストファー・ロビンが大人に成長してビジネスマンに。原作の牧歌的な雰囲気とは一転し、クリストファーは仕事に忙殺され、家庭は崩壊寸前......。そこに、ぬいぐるみのプーさんが「救世主」として出現する、といった内容だ。


監督は映画『ネバーランド』や『007 慰めの報酬』で知られるマーク・フォースターが務め、主人公はユアン・マクレガー、プーさんの声はジム・カミングスが担当する。



予告動画は1分弱と短いものの、クリストファーの栄光と転落、そしてプーさんとの出会いの輪郭が描かれた。



動画はユーチューブで公開後、7日夕時点で160万再生を記録。ツイッターでは、


「プーさんの実写版めちゃめちゃ面白そう!」

「くまのプーさんの実写化映画の予告が萌える。めっちゃぬいぐるみ(笑)」

など好意的な声が相次いだ。



「優しい世界のTed...?」



一方、プーさんの姿から、人間のように振る舞うテディベアが主役のコメディー映画『TED』を連想する人も続出。

「実写版プーさん予告見たけどTEDにしか見えない」

「実写版プーさんはつまり優しい世界のTed...?」

「プーさんのクリストファー成長後のお話を実写映画で?それ、Tedっていう映画では?」


主人公のテディベア「TED」は、かわいいルックスとは裏腹に、中年男性の命が宿る。性格や言動が下品で「世界一ダメなテディベア」のキャッチがつけられた。日本では13年に公開され、映画観客動員ランキングで初登場1位となるなど、ブームを巻き起こした。

J-CASTニュース

「実写」をもっと詳しく

「実写」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ