『きみ棲み』出演中の吉岡里帆さまが出ているMVを掘り起こし!

3月7日(水)18時0分 OKMusic



女優・吉岡里帆さんにとって初の連続ドラマ主演作である、TBS 火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』。第8話の放送も終わってますます盛り上がりを見せていますが、吉岡さんが意外にも6本以上のMVに出演していることに気が付きました! ということで、今回は吉岡さんが出演するMVを印象深い作品から今思うとびっくりな作品まで、公開順にさかのぼってみましょう。それにしても、吉岡さんが自分の作った楽曲のイメージ的存在になってくれるなんてかなり羨ましいですね…。

2018年4月にメジャーデビューが決定している4人組ロックバンド・Rhythmic Toy Worldが、吉岡さんを4年以上前にMVのヒロインに起用。学生時代の悔しい想いを胸に隠しながら社会人になった主人公が、吉岡さん演じるヒロインのマミの“諦めんなよ!”というひと言で過去と現在に立ち向かっていくストーリー。主人公の心情にリンクした楽曲の歌詞が胸に刺さるとともに、吉岡さんの演技と目力にも夢中になるショートドラマのような作品です。冒頭のショックを受けた表情から、ラストの笑顔までまるっと必見!

コカ・コーラとのコラボで制作されたこのMVは、湘南乃風の横浜スタジアム公演とリンクしたドラマチックな展開。ライヴを楽しむ主人公が振り回していたタオルを落とすと、横にいた吉岡さんもタオルを落としてしまい、拾うタイミングが一緒に…。主人公は、それから数年経ってもライヴ後にふたりで飲んだコカ・コーラが忘れられないという羨ましさ爆発の一本です。時が流れ、主人公の奥さんと子供の後ろ姿が映りますが、そんなハッピーエンドが世の中に存在するのか…。

2018年7月をもって“完結”することを発表したチャットモンチー。吉岡さん自身も学生時代からのファンであることから、MV出演が決まった際には嬉しくて堪らなかったとのこと。レコード会社勤務の24歳OLという役柄で出演し、《もう枠に収まらない》という歌詞から地域の看板を壊したり携帯電話を投げ捨てたりと破天荒な行動に出るが、人には言えない繊細さと情熱を持っている女の子をミュージカル風に演じています。かわいらしい衣装や後半のダンス、チャットモンチーの登場も含め見どころ満載!
(フルバージョンはアルバム『共鳴』の初回生産限定盤DVDに収録)

“あったかいんだからぁ〜”がブレイクしたお笑い芸人・クマムシの2ndシングル「なんだしっ!」のMVは、クマムシ、フォーリンラブのバービー、吉岡里帆という異色のコラボ。砂浜で楽曲にノリながら近づいてくるクマムシの長谷川(ツッコミ)を拒絶する吉岡さんの表情や、長谷川とバービーの謎のキスシーンがあったりと、なかなかツッコミどころが多い(笑)。そんな中でも吉岡さんの天真爛漫な笑顔はピカイチ! ぜひツッコミを入れながら、突然現れたヒロインを演じる吉岡さんを観てほしい。

吉岡さんがドラマ『ゆとりですがなにか』に出演し話題になっていた頃にMVが公開されたこの曲は、吉澤嘉代子にとっての憧れの存在であるサンボマスター・山口 隆(Vo&Gu)が作詞作曲を担当。吉岡さん演じる主人公が学校をズル休みをするところから始まるMVは、吉澤の過去のエピソードとリンクしているそう。のんびり昼食を食べている時に聴いたこの曲に衝撃を受けて外へ駆け出していく場面では、憧れる存在が知らない世界に連れ出してくれる瞬間が描かれているので共感する人も多いはず。楽曲を引っ張るように演じる、その眩しい姿に釘付けです!!

TEXT:千々和香苗

OKMusic

「吉岡里帆」をもっと詳しく

「吉岡里帆」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ