『ミルキィホームズ』スクリーンアベレージ1位!『同級生』1億円突破! 小規模劇場アニメが超頑張っている!!

3月7日(月)14時0分 おたぽる

『ミルキィホームズ』公式サイトより。

写真を拡大

 2月27日〜2月28日分の【週末映画興行成績】(興行通信社)は、1位を『黒崎くんの言いなりになんてならない』が獲得したほか、4DX上映&新規劇場での公開もあって、15週目にして『ガールズ&パンツァー 劇場版』が10位にランクインしたことが話題となったが、ランキングにこそ入っていないが、奮闘している劇場版アニメがあるので、改めてお伝えしたい。

 先月27日から公開中の『劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ〜逆襲のミルキィホームズ〜』は、2月27、28日の土日2日間の興行収入が1,600万円を突破。数字だけ聞くと、そんなものかと思ってしまいそうだが、『劇場版ミルキィホームズ』は全国わずか11館での公開。1館あたりのアベレージとしては約150万円となり、スクリーンアベレージ(SCR/1スクリーンあたりの興行収入)では堂々の1位を獲得しているのだ!

 ギャグ満載だったTVアニメシリーズ第1、2期のスタッフが劇場版の製作を担当しているだけあって、とにかくギャグを畳み掛ける勢いがすさまじく、これまでのシリーズに登場したキャラクターを細かく多数登場させている割には、上映時間は約70分と上手いことコンパクトにまとめられており、劇場に赴いたシリーズのファンからの評価は概ね高い。例えばYahoo!レビューを見てみても、平均4.25点の高得点をマークしている(レビューは15件しかないのだが/4日時点)あたりが、ヒットの要因だろう。

 実は頑張っている劇場アニメのもう1本、が先月20日に公開された中村明日美子の人気コミックを原作とする『同級生』。こちらは、2月20日〜2月21日分の週末映画興行成績へ、全国30スクリーンでの公開ながら、初登場9位にランクイン。2週目以降はランキングから外れてしまっていたが、その後も順調に成績を伸ばし、3月2日には上映11日で興行収入1億円を突破したことを、映画公式Twitterが報告した。

 映画がヒットするかどうか、フタを開けてみないとわからないものだが、これほどのヒット作なのに、なぜここまで公開館数が少ないのか。「予算が一番だと思いますよ。それに2本とも視聴者を選ぶタイプですから、スクリーン数を絞るのは当然の戦略かと。そもそも、深夜アニメ発だったり、オリジナル劇場アニメは、スクリーンを絞る傾向があります。ヒット中の『ガールズ&パンツァー 劇場版』も公開当初は77スクリーンでしたし。やはり広く浅くではなく、深く狭くということなんでしょうか」(アニメ誌ライター)

 製作委員会の狙いが見事的中している形だが、ともあれ、超小規模公開ながら、クリエーターのこだわりが感じられる2作品がヒットとなっているのは嬉しい限り。芸風はまるで正反対の2作品だが、今後もさらに成績を伸ばしていくことを、アニメファンとしては応援したい。

おたぽる

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ