難病・もやもや病で緊急手術の徳永英明 4月に活動再開予定

3月7日(月)7時0分 NEWSポストセブン

緊急手術を行なった徳永英明(公式HPより)

写真を拡大

〈2月上旬体調不良を訴え、医師の診察の結果、もやもや病との診断があり、担当医師により手術ならびに療養が必要との診断を受けました。手術に関しては、もやもや病による脳梗塞発症予防の為、2016年2月22日に左複合バイパス手術を行い、無事成功致しました〉


 3月3日、歌手・徳永英明(55)が手術を受けていたことを発表した。これは本誌が徳永の所属レコード会社に「入院」について問い合わせたわずか数時間後のことだった。


“無事成功”は何よりだったが、この間、徳永の関係者たちはずっと青ざめていたという。レコード会社関係者が声を潜める。


「2月上旬に自宅で突然倒れて、救急車で運ばれたという情報でした。病状はかなり深刻で入院が長引いていると耳にしました。


 徳永さんは今年1月にデビュー30周年を迎え、4月にはベストアルバムの発売、夏からは半年間のツアーが予定されています。しかし、復帰のメドが立たず、事務所やレコード会社は途方に暮れていました」


 2月19日に行なわれたフジテレビ『MUSIC FAIR』2600回記念コンサートを「体調不良」を理由に出演を取りやめたことも様々な憶測を呼んだ。


 徳永は2001年5月に「もやもや病」と診断され1年8か月にわたる療養生活を余儀なくされている。菅原脳神経外科クリニック菅原道仁院長が説明する。


「もやもや病とは厚労省が指定する原因不明の特定疾患(難病)のひとつで根本的な治療方法はありません。


 脳に酸素と栄養を送る太い動脈(内頸動脈)が詰まり、不足した血液を補うために細い血管が発達する。この微細な血管をレントゲンで撮影するともやもやっとしたタバコの煙のように写るので、もやもや病と名付けられた。


 歌を歌ったり、ラーメンをフーフーしながら食べたりすると、呂律が回らなくなり虚脱状態になったりする。最悪の場合、この細い血管が破れて脳出血を引き起こし、死に至るケースもあります」


 この“不治の病”について、かつて徳永はこんなことを語っていた。


「病気とはこれからもうまく付き合っていきますよ」


 その言葉通り、復帰後の徳永は病気を悪化させかねないタバコや酒をやめ、多くの人々に歌声を届けてきた。


「30周年を盛り上げるため、昨年は半年にわたるロングランツアーを開催しました。その疲れからか年末頃には結構痩せてしまっていました。またストレスがあったのか、一時は控えていたお酒も頻繁に飲んでいたようです」(前出・レコード会社関係者)


 人気歌手故の多忙さが病状を悪化させたのだとしたら、何とも皮肉なものだ。所属事務所に徳永の病状について聞くと、


「救急車で運ばれたということはなく、手の痺れが続いたため、自分で病院に行きまして手術に至りました」


 とのこと。3月いっぱいはリハビリを兼ねた療養を続け、4月から活動を再開する予定だという。前出の菅原院長は言う。


「バイパス手術は血液不足を補うために、別の動脈を脳につなぐ血行再建術のこと。一度手術をしても別の場所が詰まっていくこともあり、対処が悪いと脳出血から死に至ることもある。2〜3か月で仕事に復帰する人もいれば、1年かかる人もいます」


〈グラミー賞を獲りたい 海外でツアーをしたい 心で外国の人に歌いかけたい〉


 デビュー30周年を迎えて、今後の夢についてそう語っていた。一日も早く、あの美声を聴ける日がやってくることを祈りたい。


※週刊ポスト2016年3月18日号

NEWSポストセブン

「活動再開」をもっと詳しく

「活動再開」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ