新ドラマで前田敦子と“キス確定”なうらやましい俳優2人とは?

3月8日(火)17時59分 アサ芸プラス

 4月20日にスタートする深夜ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)で、主演の前田敦子が毎回キスシーンを演じることで話題を呼んでいる。前田自身も「こんなにたくさんキスするのは最初で最後かもしれない。ファンの皆さんを悲しませるかもしれないけれど、自分に変な囲いは作りたくない。私のことを(挨拶代わりにキスする)外国人だと思ってください」とコメントしているほどだ。

「前田が演じるのは、常に彼氏を2人キープする二股が基本だという恋愛に奔放な新聞社の政治部記者。確実に前田とのキスを演じる俳優は、ドラマ『ど根性ガエル』(日本テレビ系)でゴリライモ役だった新井浩文と、4人組みロックバンドの『黒猫チェルシー』でボーカル担当の渡辺大知。新井は前田が好きになる妻帯者の新聞記者役で、かなり濃厚なキスシーンが予測されます。対して渡辺は前田が演じるゆり子の二股グセを容認している長年の彼氏役なので、軽めのキスを何度もくり返すのではないでしょうか。放送時刻は深夜ですが、内容は昼ドラ的なドロドロ感がたっぷり詰まっているので、女性ウケもよさそうです」(テレビ誌編集者)

 番組宣伝用のポスターでも色っぽいポーズを決めている前田。このドラマが前田にとって代表作となるか?

アサ芸プラス

「キス」をもっと詳しく

「キス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ