稲垣吾郎、「5代目相棒」浮上も絶対にキャスティングできないワケがあった!

3月8日(水)9時58分 アサ芸プラス

 大人気ドラマシリーズ「相棒」(テレビ朝日系)の劇場版「相棒−劇場版IV−首都クライシス 人質は50万人! 特命係最後の決断」が好調だ。2月11日に公開された同映画は、オープニング2日間の興行収入が4億174万3800円と、過去の劇場版3作を抜いてシリーズ最高を記録した。

 映画の好調を反映したのか、テレビの視聴率も14%台から15%台にアップした。

 しかし、ここにきて、水谷豊演じる杉下右京の現“相棒”、反町隆史の降板説はなかなか消えない。そして、5代目相棒としてしばしば浮上するのが、元SMAP稲垣吾郎の名前だ。

 だが、芸能ジャーナリストは「稲垣のキャスティングは難しい」と言う。その理由は「2001年8月24日に稲垣が起こした、道路交通法違反(駐車禁止)での警視庁渋谷警察署による現行犯逮捕」だそうだ。

「駐車禁止だけならまだしも、このとき稲垣は免許証提示を求められ車を発進させ、制止しようとした女性警官1人の膝に接触した疑いとして、公務執行妨害もついてしまいました。車がらみの事象であり、スポンサーに自動車メーカーが入っていること、『相棒』が刑事ものであることなどから、稲垣のキャスティングに難色を示す声が一部からあったようです」

 そこにきてさらに、昨年12月26日に放送された「SMAP×SMAP」の最終回も影響したという。

「稲垣の件は16年も前だし、ファンの中には知らない世代もいたはず。ですが、『SMAP×SMAP』の最終回で、稲垣復帰シーンが放送されたことで再認識されてしまいました」

 メンバーの結束を表すための美談演出が、ここにきて裏目に出るとは‥‥。湧いては消える稲垣の“新相棒”説‥‥「みそぎは済んだ」という声もあるなか、今度こそ実現となるか?

アサ芸プラス

「相棒」をもっと詳しく

「相棒」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ