“猫”吉沢亮が涙、沢尻エリカのアイドル姿も!『猫は抱くもの』水曜日のカンパネラの劇中歌流れる特報解禁

3月8日(木)8時0分 映画ランドNEWS

沢尻エリカが6年ぶりに主演を務める新作『猫は抱くもの』が6月23日(土)に公開される。この度、本作の特報映像が解禁となった。


猫は抱くもの


推理小説「猫弁」シリーズで知られる大山淳子の同名小説(キノブックス刊)を原作とする本作は、思いどおりの生き方ができず、いつしか心に孤独を抱えてしまった30代女性と、自分を彼女の恋人だと信じて疑わない猫との関係を描いた物語。監督を『ジョゼと虎と魚たち』『メゾン・ド・ヒミコ』『グーグーだって猫である』などで知られる犬童一心が務める。


実写の猫に加えて、擬人化された猫たちが多数登場する本作。主人公・沙織(沢尻エリカ)の相手役で、自分を主人公の恋人だと思い込むロシアンブルーの猫・良男(よしお)役に吉沢亮が扮する。


特報映像には、沢尻エリカ扮する沙織がアイドルスマイルで歌って踊る姿や、ペットショップで売れ残っていた猫・良男(吉沢亮)と平凡な日々を送る中で「頑張れば何とかなると思ったが、実は毎日折り合いばかりつけてきた・・」と自分を見つめはじめる場面などが収められている。


様々な表情をみせる沙織を傍でずっと見守り、どんな沙織でも受け入れようとする猫の良男(吉沢亮)。良男の日常にも変化が訪れ、家の外で迷子になってしまった良男は、「ねこすて橋」という猫の溜まり場で、捨て猫のキイロ(コムアイ)に出逢う。初めて劇伴を担当した「水曜日のカンパネラ」の劇中歌「マヨイガのうた」が、特報の後半を優しく包み込んでいく。



映画『猫は抱くもの』は6月23日(土)より全国公開


©2018『猫は抱くもの』製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「沢尻エリカ」をもっと詳しく

「沢尻エリカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ