『IT/イット』続編にジェシカ・チャステイン出演か、27年後のべバリー・マーシュ役

3月8日(木)12時20分 映画ランドNEWS

スティーヴン・キング原作のホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の事件から27年後の未来を描く続編に、実力派女優のジェシカ・チャステインが出演交渉中にあるとヴァラエティ誌などが報じた。



チャステインが演じるといわれているのは、大人になったべバリー・マーシュ役。ベバリーと同じ赤い髪色を持つチャステインは、実力はもちろん、髪の色が共通する点で以前から最適なキャスティングだと報じられていた。前作ではソフィア・リリスが同役を演じている。


続編の監督として続投することになったアンディ・ムスキエティ監督とチャステインは、2013年に公開のホラー映画『MAMA』でタッグを組んでおり、ムスキエティ監督は続編の制作が決定する以前からチャステインの起用を熱望。それが『IT/イット』のホラー映画史上最大の興行収入を記録したことにより、現実味を帯びてきた。


ヴァラエティ誌によれば、不気味なピエロ役を演じたビル・スカルスガルドの続投も決定しており、子供の頃のべバリー役ソフィア・リリスや少年たちとともにフラッシュバックシーンで出演する予定だという。


27年前に起きた事件によって、少年たちはそれぞれトラウマを抱えながら大人になった。27年周期で現れるペニーワイズと対峙するために、大人となった少年たちは再びデリーの街に集結する。


映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』続編は2019年9月6日(金)全米公開予定


参考:http://ew.com/movies/2018/02/20/jessica-chastain-it-sequel-stephen-king/


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「ホラー映画」をもっと詳しく

「ホラー映画」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ