電撃卒業の長濱ねる 直近の番組出演では、同郷の先輩芸能人に...

3月8日(金)14時39分 J-CASTニュース

卒業を発表した欅坂46の長濱ねるさん。長崎市や五島列島で撮影した初の写真集「ここから」(講談社)は、累計発行部数が20万部を突破している(2017年12月撮影)

写真を拡大

欅坂46長濱ねるさん(20)が、最新シングル「黒い羊」(2019年2月発売)を最後にグループから卒業することになった。19年3月7日、グループの公式ブログで発表された。

長濱さんは、欅坂46では平手友梨奈さん(17)に次ぐ人気メンバー。テレビやラジオ番組への欠席が相次いでおり、ファンから動向を心配する声が上がる中での卒業発表だ。そんな中でも、長濱さんがブログでPRしていたのが、2月23日放送の、地元・長崎を特集した「世界ふしぎ発見!」(TBS)。番組では司会の草野仁さん(75)の高校の後輩にあたることを明かし、「先輩!」と、ヒントを「おねだり」する場面もあった。




ラジオ番組は「ちょっとお休み」、ブログも



欅坂46は2月22日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日)や、3月5日報道の「うたコン」(NHK)に出演したが、長濱さんは登場しなかった。長濱さんがメインパーソナリティーを務めるラジオ番組「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」(ニッポン放送)の3月1日深夜(2日未明)の放送では、長濱さんが「ちょっとお休み」だとして、2週にわたって別のメンバーが担当することが明かされた。


 

長濱さんが卒業を発表した公式ブログはメンバーが持ち回りで更新しており、長濱さんの更新は2月17日を最後に途絶えていた。この日のブログでは、週刊少年サンデー(小学館)の表紙に起用されたことと、「世界ふしぎ発見!」に出演することを告知。特に番組出演については「生ひとしくん人形!!!!色んな凄いことが起こりました!!」と興奮気味につづっていた。




先輩・草野仁に明かした、高校時代のエピソード



番組のテーマは「信じる心が繋いだ奇跡 新・世界遺産 長崎からバチカンへ」。潜伏キリシタンとバチカンとの関係を扱った。「凄いこと」のひとつとみられるのが、草野さんとの関係だ。中盤の「ノーヒント」の問題で、同郷のよしみで長濱さんにヒントを出すように求める共演者の声に、草野さんは「長崎の気風として、身内に厳しく」とピシャリ。そこに長濱さんが


「草野さんは同じ高校の先輩で、大先輩なので...」

と切り出した。草野さんは


「そうであれば、ますます厳しく当たらないと」

と「抵抗」していたが、


「入学当初から、校長先生から朝礼で『この学校は草野仁さんを輩出しているので、この高校の名を汚さないように』と言われてました」

と言われると、草野さんは目を細めながら


「あんな風にならないように気をつけましょう、という意味」

だと、おどけていた。




地元撮影の写真集人気で「聖地巡礼」も



長濱さんはグループ加入後は出身校を公表してこなかったが、草野さんは県内有数の進学校、長崎西高校出身だということが知られている。長濱さんは全国高等学校クイズ選手権(高校生クイズ)の長崎県大会決勝に進出したこともあり、「頭脳派」との声もある。この日の番組でも、黒柳徹子さん(85)と同率でトップ賞に輝いた。



長濱さんは長崎市出身で、3歳から7歳まで五島列島で過ごした。長崎市や五島列島で撮影した初の写真集「ここから」(講談社)は、累計発行部数が20万部を突破している。ファンによる「聖地訪問」も相次ぎ、長濱さんが撮影で訪れた長崎県新上五島町の奈良尾地区を紹介する「ねるちゃんマップ」も人気を呼んでいる。18年12月には第2弾が発行されたばかりだ。


18年11月のお茶漬けのCMの発表会でも、「お茶漬けに合うトッピング」として、長崎名産の高級珍味の「からすみ」を勧めるなど、長崎に言及する機会が多かった。



長濱さんは卒業を発表したブログで、関係者やファンに向けた感謝の言葉を繰り返す一方で、卒業を決めた理由には言及しなかった。卒業後については「約束なく 気持ちを緩めて考えられたら」と、明かしていない。具体的な卒業に向けたスケジュールは改めて発表される。



(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

J-CASTニュース

「卒業」をもっと詳しく

「卒業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ