加藤清史郎 元こども店長からの成長ぶりに驚きの声続々

3月8日(木)16時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


3月7日放送のテレビ朝日系ドラマ『相棒 season16』に、子役出身の俳優、加藤清史郎(16)がゲスト出演し、成長ぶりが話題になっている。


加藤は、2009年放送のNHK大河ドラマ『天地人』で主人公の幼少期を演じ注目を集め、同年トヨタ自動車のCMキャラクター「こども店長」役で人気を博した。


CMの出演から8年が経ち16歳になった加藤。今回出演した『相棒』では、ホステスの女性が自宅マンションで撲殺され、現場付近で目撃された容疑者“少年A”を演じ、水谷豊演じる主人公の杉下右京の事情聴取にも、本当のことを話さず特命係を困惑させるという役柄。さらにドラマ内では、6つに割れた腹筋も披露している。


これに対しネットでは。、「あのこども店長で馴染みの加藤清史郎くんがもうこんな男前になっとった。 成長ってすごいな…」「加藤清史郎くんの成長ぶりに…唖然(・д・ )… イケメン系になってる」「今日の相棒、感動。こども店長の加藤清史郎くん、いい役者になったと、つくづく感じた。少年Aという10代の容疑者の難しい役柄を、演技力で勝負できるステキな俳優さんになったと思う。昔から見てるので、親心的な感慨深さもある」「ねえちょっと!! 今の加藤清史郎くんの腹筋見ました???? めっちゃ割れてたけど?? めっちゃ割れてたけど????」など加藤の成長ぶりに驚きの反応を見せている。

女性自身

「加藤清史郎」をもっと詳しく

「加藤清史郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ