TVアニメ『上野さんは不器用』、第10話のあらすじ&先行場面カットを公開

3月8日(金)18時0分 マイナビニュース

2019年1月から放送開始となったTVアニメ『上野さんは不器用』より、第10話のあらすじ&先行場面カットが公開された。

○●TVアニメ『上野さんは不器用』、第10話のあらすじ&場面カット

■第10話:実験その19「カンチカン」/実験その20「レパラー手」
放課後、田中が理科室に着くと教室内は電車と化していた。
車掌の格好をした山下。自らに「痴漢しろ」という上野さん。
痴漢通報装置「カンチカン」の実験をしているのだという。
カンチカンを完成させ、痴漢被害に苦しんでいる人々を救うため——
田中は痴漢することを決意した。

○●エンディング主題歌 第5弾は「不器用センセーション」

第10話からは「不器用センセーション!」が新ED主題歌として登場。クラップが耳に残る軽快なポップ・ナンバーで、歌はもちろん上野役・芹澤優が担当する。

◎芹澤優のコメント
この曲はあんまりキャラソン感を意識しすぎず、上野さんのキャラクターの中で最大限気持ちよく歌いあげてみました。特にサビの爽快感がめっちゃ良くて、すごく“ザ・エンディング”って感じがしますよね! 気持ちよーく作品を締めてくれる! 歌詞に散りばめられている上野さんの恋心も、また見どころです。きゅんとします!

TVアニメ『上野さんは不器用』は、TOKYO MX、BS11ほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)tugeneko・白泉社/上野さんは不器用製作委員会

マイナビニュース

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ