エマ・ワトソン、今もハリポタ仲間たちと連絡

3月8日(水)9時32分 ナリナリドットコム

エマ・ワトソン(26歳)は、今でも「ハリー・ポッター」の共演者とWhatsAppで連絡を取っているそうだ。

同シリーズでハーマイオニー・グレンジャー役を演じたエマは、ダニエル・ラドクリフルパート・グリントをはじめとするキャスト陣といまだに話をするという。

ヒロインのベル役を演じた新作「美女と野獣」実写版のハリウッド試写会の場でエマは「実は『ハリー・ポッター』のメインキャストをこの試写会に招待するWhatsAppのグループを作ったのよ。みんなをふさわしい場所に集めようとする試みっていうことなんだけど、みんなすごく応援してくれてて。昔の共演者たちもすごく応援してくれているの」と語った。

そんなエマは今回のベル役が、誰もが子供の頃に親しんだ話を実写化するという責任をより実感しているため、ハーマイオニー役よりも難しかったそうだ。エマはエンターテイメント・トゥナイトに対し、「ハーマイオニー役を演じた時、私はただの子供だったわ。ある意味『無知は力なり』というところが少しあったと思う。でも今大人になって、人々の子供の頃の思い出の一部を実写化するという理解があるし、意識していたと思うの」と話している。

エマは同じくディズニー・プリンセスであるシンデレラの実写化出演の話を断っているが、先日、ベルを引き受けたのは自身と共通点があるからだと話していた。

「『シンデレラ』を断った当時は『美女と野獣』を作るなんて知らなかった」
「でもそれでベル役をオファーされた時、シンデレラよりもはるかに私と通じるものがあると感じたの。彼女って探求心と思いやりがあって、頭が柔らかいわ。それこそが私の体現したいお手本となる女性なの」

ナリナリドットコム

「エマ・ワトソン」をもっと詳しく

「エマ・ワトソン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ