山下達郎と竹内まりや 嵐の『復活LOVE』楽曲提供までの道

3月8日(火)7時0分 NEWSポストセブン

 嵐が新曲『復活LOVE』を発表した。彼らに楽曲提供したのは山下達郎(63才)と竹内まりや(60才)夫妻。山下とジャニーズ事務所とのつきあいは古く、近藤真彦(51才)の代表作『ハイティーン☆ブギ』、KinKi Kidsのデビューシングル『硝子の少年』や『ジェットコースター・ロマンス』など、これまでにもジャニーズに楽曲提供している縁がある。


 では、嵐はどのような経緯だったのか?


『復活LOVE』の前に、相葉雅紀(33才)が生田斗真(31才)と共演した映画『MIRACLEデビクロくんの恋と魔法』(2014年公開)は、山下の名曲『クリスマス・イブ』の世界を実写化したものだった。その直前のクリスマス・イブ、本誌は、相葉と生田が山下のライブを見に行っているところを目撃したこともあった。


「他のメンバーも、夫妻のライブに何度も足を運んでいるんですよ。そうした縁から、今回の楽曲提供になった。達郎さんにとってアイドルへの楽曲提供と一言にいっても、これだけアイドルがたくさんいるなかで、音楽的な個性化というのは非常に難しく思っているようなんです。そんななか嵐は、Jr.時代から知っていた。そのことを達郎さんは“とても幸運だった”と言っていました」(音楽関係者)


 山下が書いた曲に、竹内が詞をつけたという今作。松本潤(32才)は、「あ、すいません…」とアホなふりをしながら、「ここのイントロはこういう感じで…」などと、山下のアレンジにいろんなリクエストをしたという。


「達郎さんはそれがおもしろかったようです。あんな大御所ですから、普段、楽曲提供をするアーティストから何かリクエストをされることはほとんどありません。だからこそ、松潤の感性に、“あぁ、なるほど”という発見もあったみたいですね。


 基本的に達郎さんは、誰かに楽曲を提供するとき、歌入れに可能な限り立ち会います。今回も嵐全員の歌入れに、フルタイムでつきあったと聞きました」(前出・音楽関係者)



 多忙を極める嵐の歌入れは、ひとりひとり、別々に行われた。その際、大野智(35才)と櫻井翔(34才)は普通に立って歌った。相葉は椅子に座って、二宮和也(32才)は椅子の上にあぐらをかいて歌い、松潤は、なぜかバランスボールに座って歌ったという。


 2月1日のラジオ『ARASHI DISCOVERY』(FMヨコハマ)で、レコーディングがメンバーで最初だった大野はその日をこう振り返った。


「ぼくが歌っているガラス1個はさんだ向こうに達郎さんがいますからね。そりゃ緊張しますよ。ねー。仮歌でね、歌入れる前の仮歌はもちろん達郎さんなんですよ。正直ちょっと、似せたくなるというか、自然とそっちに行くんですよね。でもそのニュアンス、なかなか難しくてできないんですよ」


 そう言われていた山下は、2月21日に放送されたラジオ『山下達郎サンデー・ソングブック』(TOKYO FM系)で、メンバーをこう評した。


「嵐のシングルについてボーカルに関しては、大野くんが中心になって歌が進行するっていうのがだいたいの定番なのですが、相葉くん、二宮くんの声に独特の哀愁がありまして、それに櫻井くんのフラットなトーン、それから松潤がハモリ好きなので、全部ハモってるんですが、この松潤のハモリを絡めていくと、得も言われぬムードが出てきます」


 さぁ、『復活LOVE』聞いてみましょう!


※女性セブン2016年3月17日号

NEWSポストセブン

「山下達郎」をもっと詳しく

「山下達郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ