高畑充希 『日本アカデミー賞』ドレスは124万2000円!

3月8日(水)16時0分 NEWSポストセブン

新人俳優賞を受賞した高畑充希

写真を拡大

 晴れの舞台で、どんな服を選んで、どう見せるか?——それは誰にとってもワクワクする悩み。それはスターであればなおのことだろう。


 3月3日、アメリカのアカデミー賞に続いて『日本アカデミー賞』が開催された。誰がどんな賞を授賞して、どんなスピーチをするのかはもちろんだが、どんな装いで登場するかというのは楽しみのひとつ。


 そんななか、個性的なファッションで大目立ちしていたのは高畑充希(25才)。トップスはピンクのフリルと刺繍がふんだんに使われ、黄緑色のスカートのウエストには真っ赤なリボンがあしらわれたこのドレス、イタリアのブランド『グッチ』のもので、お値段はなんと124万2000円! 


 高畑と熱愛が噂されている坂口健太郎(25才)は、ベーシックなダークトーンのスーツに蜂柄の蝶ネクタイをチョイスしていたが、こちらも全身『グッチ』。


「高畑さんと坂口さんは、ファッションの話もよくするそうですから、どのブランドにするのか、どんなものを、どう着るか、かなり話し合われたんじゃないでしょうか。いまいちばんホットな『グッチ』を選んだのは偶然じゃないでしょうね」(芸能関係者)


 2015年は木村拓哉(44才)がテレビ番組で『サンローラン』の私服を紹介したことで同ブランドが大注目されたが、2016年は『グッチ』が大ブームとなり、今年もその熱気が続いているというのは、あるファッション誌ライター。


「『グッチ』は『2015—16秋冬メンズコレクション』から、クリエイティブ・ディレクターがアレッサンドロ・ミケーレに変わり、これまでのイタリアらしい豪奢でグラマラスなデザインが刷新されました。クラシカルなロゴをストリート風にアレンジしたり、ガーリーな色味のトップスに虎や蛇などロックテイストの刺繍を施すなど、相反するものを掛け合わせたスタイルは、ファッション業界に新たな風を起こしています」   


 ちなみに同授賞式に出席した石原さとみ(30才)が着ていたドレスも『グッチ』のもの。こちらは値段のついていない“参考商品”だった。



「石原さんはあのクラシカルなターコイズブルーに一目惚れしたようで、『どうしてもあれが着たい!』と強いリクエストをしたそうです。参考商品なので、ブランド側には貸し出すメリットがないのですが、石原さんの情熱が勝ったようですね」(前出・芸能関係者)


 先日、『カバーガール大賞』に選ばれた高畑。これは雑誌を中心に約10000誌を調査し、表紙を飾った回数が多かった女性を選定し、表彰するもの。14年、15年は石原さとみがトップだったが、今年は高畑が女王となった。トレンドセッターのふたりが選んだブランドがともに『グッチ』だったというのも、偶然じゃなかったのかも!?

NEWSポストセブン

「アカデミー賞」をもっと詳しく

「アカデミー賞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ