SKE48松井珠理奈“13歳”の制服姿 20歳の誕生日に祝福「十代のじゅりな、今までありがとう」

3月8日(水)15時24分 Techinsight

13歳頃の松井珠理奈(出典:https://twitter.com/ske48official)

写真を拡大

松井珠理奈が3月8日に20歳となった。『SKE48(ske48official)ツイッター』で誕生日を祝福して「これ、13歳だったかな」と彼女のセーラー服姿を公開すると、ファンも「中学珠理奈懐かしいなぁ、ほんと二十歳の実感全然」「十代のじゅりな、今までありがとうね! 楽しかったよー。二十歳のじゅりな、これからもよろしくです…」と感慨深げだ。

2008年7月31日、『SKE48オープニングメンバーオーディション』に合格した松井珠理奈。同年10月にAKB48の10枚目シングル『大声ダイヤモンド』の表題曲で選抜メンバーに入り話題となった。当時まだ11歳だった彼女がSKE48ばかりかAKB48としても活躍を続け、13歳の頃にはSKE48のシングル表題曲『ごめんね、SUMMER』『1!2!3!4! ヨロシク!』で松井玲奈とWセンターを務めエース的存在となる。

彼女自身も3月7日から『松井珠理奈(JURINA38G)ツイッター』で「20歳のお誕生日まで、あと数分! SKEに入って、約8年半」とこれまでを振り返るようにつぶやいた。「一緒にスタートラインに立った仲間も、もう真那だけ」と同期の大矢真那と並ぶ姿を投稿しており、「SKE48の一番はじめの1歩一緒に踏み出した2人が今でも仲良く力を合わせて歩き続けてるって素敵ですね!」といったコメントも寄せられた。


多くのファンやメンバーからお祝いされる松井珠理奈。1月22日から放送されているドラマ『豆腐プロレス』(テレビ朝日系)で新境地に挑み、さらに2月22日にはSKE48の2枚目となるオリジナルアルバム『革命の丘』もリリースされた。「今年はSKEがアイドル界のチャンピオンベルトを巻いて、宇宙に名を轟かせる年ですね!」とファンから激励もあるように、20歳となったエースの活躍が楽しみである。

出典:https://twitter.com/ske48official
出典:https://twitter.com/JURINA38G

Techinsight

「SKE48」をもっと詳しく

「SKE48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ