「カズレーザーに抱かれたら死んでもええわ」 大阪のおばちゃん、テレビで叫ぶ

3月8日(水)11時30分 Techinsight

おばちゃんを虜にさせたカズレーザー

写真を拡大

情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』が20歳以上の女性・1万人から調査した、2017年度“抱かれたい男性有名人”TOP10を発表した。恋愛ドラマで演じる役柄が影響するのか、俳優業を中心として活動する芸能人がランクインしている。

3月7日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』で発表された、“抱かれたい男性有名人 2017”のランキングは以下の結果であった。

・1位 斎藤工(35)
・2位 ディーン・フジオカ(36)
・3位 松坂桃李(28)
・4位 竹野内豊(46)
・5位 星野源(36)
・6位 西島秀俊(45)
・7位 綾野剛(35)
・8位 福山雅治(48)
・9位 菅田将暉(24)
・10位 高橋一生(36)

やはりNHKの朝ドラや2016年の人気ドラマに出演していた俳優は、中高年の女性からの支持が高い。また20代の松坂桃李菅田将暉には、同世代の若い女性からの支持が集まった。そんななか2014年放送のドラマ『昼顔』で大ブレイクした斎藤工は、今も「男の色気を感じる」「セクシー」と未だに幅広い世代の女性をメロメロにしているようだ。彼は昨年末に『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』にて全力で“サンシャイン斎藤”に成り切っていたが、そんなギャップも魅力のひとつであろう。


ただし今回最も注目を集めたのは、福山雅治のファンだと言いながらも今の一推しは「カズレーザー(メイプル超合金)よ!」と叫んだ女性だ。彼の母親世代くらいの方だろうか。なんでも赤い服をきている男性を見かけると、“あっ、カズレーザーちゃうか?”と思う日々だが「全然いないのよ〜」と肩を落とす。そして「京橋(大阪)をカズレーザーが歩いているわけ、ないもんなぁ」と残念そうだ。とにかく彼が大好きで、「あの人の頭のてっぺんから足の先まで、舐め倒したい」「カズレーザーに抱かれたら、死んでもええわ」とカメラに向かい思いの丈を打ち明けていた。

同番組の視聴者からは、ツイッター上で「カズレーザーわかる」「カズレーザーに抱かれたいおばちゃん面白すぎる」「舐め回したいとかやべえな」という感想が見受けられた。

Techinsight

「カズレーザー」をもっと詳しく

「カズレーザー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ