あの演技力は伊達じゃないが…佐村河内守が俳優転向だって!?

3月9日(月)9時17分 アサ芸プラス


 ゴーストライター騒動から約1年、渦中の2人の明暗ははっきり分かれた。テレビやイベントでスポットライトを浴びる新垣隆氏(44)。一方、すっかり忘れ去られた佐村河内守氏(51)は今──。

「このままでは絶対に終わらせない」

 新垣隆氏の活躍ぶりを“耳にした”佐村河内氏は親しい関係者の前でこうツブやいたという。

 対抗心をにじませるのも無理はない。かつてゴーストライターとして作曲を依頼していた新垣氏は、今や超が付く売れっ子となったからだ。

 イベント関係者が語る。

「新垣さんはギャラにうるさくない。事務所に所属せず、実のお兄さんがマネージャー的な役割を担っているのですが、どんなオファーでもスケジュールの都合さえつけば言い値で受けてくれる。マネージャーといっても弟と同じく、頼まれたら断れない性格だから仕事がバンバン舞い込む」

 現在ではイベント1回の出演で20万円以上のギャラを稼ぎ出す。

「バラエティ番組の出演料を合わせれば、年収は2000万円に届く勢いです」(イベント関係者)

 一方の佐村河内氏は苦境が続いている。

 芸能記者が明かす。

「コンサート会社に約6100万円の損害賠償を請求され、横浜市内に保有していたマンションが差し押さえられた。頼りにしていた楽曲の印税も、JASRACに支払いを凍結されて、ほぼ無収入の状態。働きにも出られず、貯蓄を切り崩す生活だそうです」

 仕事をえり好みしない新垣氏に対し、佐村河内氏にはなかなか表舞台に出られない事情があった。

「昨年の秋以降、フジテレビ系の制作会社が囲っていて、高額な出演料を提示して他のメディアを寄せつけないようにしていた」(芸能記者)

 満を持して昨年12月21日に放送された「今年のニュースの決定版!2014」(フジテレビ系)で約9カ月ぶりにテレビ出演した佐村河内氏。新垣氏について聞かれると、

「彼は悪い仲間ですけどね‥‥はい」

 と、“共犯者”であることを強調したのだ。だが、世間の注目度は低かった。

「視聴率は期待していたほど伸びず、新垣さんとは対照的に数字も“持っていない”ことが露呈した。そのため佐村河内氏に張り付いていたスタッフが距離を置き始めた」(芸能記者)

 人気、収入面、視聴率でも水をあけられた佐村河内氏だが、水面下では「復活プラン」が進行している。

「複数の芸能プロが接触していると聞いています」

 こう証言する中堅芸能プロの幹部が、佐村河内氏のタレント性について力説する。

「10年以上にわたり難聴を演じてきた役者魂をこのまま腐らせるのは惜しい。“現代のベートーベン”と自分を売り出したプロデュース能力も大きな武器。今はどこのテレビ局もドラマで数字が取れない。ドラマデビューとなれば、宣伝効果は計り知れない」

 生活のため、そして新垣氏を見返すために、俳優に転向する可能性は十分に考えられる。

「佐村河内さんの顧問弁護士を通じて正式にオファーしました」

 打ち明けるのは、かつて小室哲哉のマネージメントを手がけた芸能事務所「イーミュージック」の笹原雄一社長。

「抜群の演技力だけでなく音楽の才能も生かせるように、ミュージカル俳優に挑戦させたい。そんな狙いもあって、ミュージカルの舞台で使う楽曲の制作を依頼しました」

 佐村河内氏に俳優転向の意思を確認するべく、自宅を直撃したが、呼び鈴を押しても応答はなかった。

「高校生の時には役者を目指していたと聞いているので前向きに検討してくれるはず」(笹原氏)

 本人の耳にラブコールは届くのか。

アサ芸プラス

「佐村河内守」をもっと詳しく

「佐村河内守」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ