天才テリー伊藤対談「生島ヒロシ」(2)トレーニングってこんなにキツイの

3月9日(水)9時57分 アサ芸プラス

テリー でも、それだけであんなCMみたいな体形になれるとは、まだ信じられないな。週2回のトレーニングはそんなにキツいんですか?

生島 パーソナルトレーナーが付いて、個室でのトレーニングですから、マシンも使って、50分みっちりやることになりますね。

テリー ますます無理だ。

生島 アハハハ! でも、やっぱり中高年は無理すると腰痛になったり、肘が痛くなったりしますから。そのあたりはトレーナーに「若い人とは違いますから負荷は減らして、安全第一で」って、僕はお願いしましたけどね。

テリー その他には、何もやってないんですか?

生島 トレーナーに教えてもらったプランクとスクワットは家でやりましたね。

テリー プランクって?

生島 簡単に言うと“肘立て伏せ”なんですけど、ちょっとやってみましょうか(と広い場所に移動して)。まず、うつ伏せの状態から肘をついて足を伸ばすんですよ。

テリー まさに肘をつける腕立て伏せみたいな感じだ。

生島 そうですね。ただ、腕立て伏せみたいに腕を上下するわけじゃなくて、この姿勢の状態をキープするんです。そうすると腹筋や胸の筋肉に効く。

テリー (プランクをやりながら)楽かと思ったけど、これはキツいなぁ。

生島 それから横プランクというのもあって。体を横向きにして、片肘で全身を支えます。これは主に脇腹に効きますね。

テリー (横プランクをやりながら)ああ、これも効くね!

生島 テリーさん、プルプルしてますね(笑)。

テリー キツイよ!

生島 これをだいたい30秒ぐらいキープするところから始めて、40秒、50秒と少しずつ長くしていくんです。部屋でも簡単にできるし、中高年には非常にいいと思いますよ。ネットで検索すればやり方がすぐ出てきますから、ぜひやってみてください。

テリー 俺もちょっと頑張ってみます。で、ここまで読んだ「アサ芸」の読者が気になるところですけど、ライザップの料金って、どのぐらいなんですか?

生島 普通のジムに比べるとちょっと高いかも。それでも、普通のジムに何となく行き続けてまったく効果が出ないより、ここで2カ月間、集中してやるほうが効果はあると思いますけどね。

テリー やめたあとのリバウンドは?

生島 今年届いた年賀状の文面はそればっかりでしたよ。「まだリバウンドしてませんか?」って(笑)。

テリー そこは日本中が気にしてますよ(笑)。

生島 じゃあ残念ですけど、今のところ、まったくリバウンドはしてませんね。さっきのプランク、腹筋に効くんですよ、ほら(と、おなかをテリーに触らせる)。

テリー ホントだ、これ65歳のおなかじゃないよ。

生島 せっかく苦労して手に入れた体ですから、できるだけキープしたいと思って、今でもライザップのジムには継続的に通っていますよ。

アサ芸プラス

「ヒロシ」をもっと詳しく

「ヒロシ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ