事務所へのあてつけ?堀北真希の芸能界引退は“薄給”が原因だった!?

3月9日(木)17時59分 アサ芸プラス

 人気女優・堀北真希が芸能界引退を発表した。

 15年8月に俳優・山本耕史と結婚し、昨年に第1子を出産した堀北は子育てに専念したいことを理由に引退を発表したが、スポーツ紙デスクはこう話す。

「そもそも堀北さんは結婚後、大幅に仕事を減らして半ば開店休業状態となっており、一部では引退説も取り沙汰されていました」

 その一方で、わざわざ引退を発表する必要はなく、無期限休業という形もとれたわけだが、あえて“引退”を宣言した背景には所属事務所への“ある思い”があるというのだ。

「堀北さんは所属事務所の看板女優の一人としてデビュー以来、長きにわたってドラマや映画、CMなどで活躍してきました。だが、デビューまで寮生活を送るなど完全な事務所の“子飼いタレント”ということもあり、給料はかなり安かったと聞いています。幼い頃から母親がマネジメントを手掛けるなど個人事務所に近い山本さんと結婚したことで自身の薄給に気づき、所属事務所に不信感を持ったともっぱらです」(テレビ局スタッフ)

 そうした中、将来的な芸能界復帰も予想されるという。

「宣言どおり、今後しばらくは子育てに専念することになるでしょうが、子育てが落ち着いた段階で、復帰する可能性は十分あるでしょう。その時は、実入りのいい夫の事務所に所属することになると思います」(前出・テレビ局スタッフ)

 引退宣言は所属事務所への当てつけだった!?

(しおさわ かつつね)

アサ芸プラス

「引退」をもっと詳しく

「引退」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ