今夜の『絶対零度』 本田翼、高杉真宙が何者かに襲われ責任を感じ…

3月9日(月)11時0分 クランクイン!

 俳優の沢村一樹が主演を務める月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第10話が今夜9日放送。第10話では、交際相手の篠田(高杉真宙)が襲われ、小田切(本田翼)は責任を感じる。 本作は、あらゆるビッグデータから予測された犯罪を未然に阻止する、未然犯罪捜査班(通称:ミハン)の活躍を描く刑事ドラマ。

 東京サミットを狙ったテロは未然に防がれた。だがその最中、テロに関与していると思われた香坂(水野美紀)が射殺される。銃声を聞いて駆けつけたSATは、拳銃を持って香坂の遺体の前に佇む井沢を拘束しようとするが、井沢はSATや駆けつけた山内(横山裕)を倒し、立ち去ろうとする。そんな井沢に銃を向け、撃つ山内—。

 取り調べを受けた曽根崎(浜田学)は、テロへの関与を完全に否定。一方、警視庁の上層部は、すべての責任を死亡した香坂に押し付け、ミハンも解体の危機にとなり、ミハンルームにガサ入れが入り、メンバーは取り調べを受ける。

 そんな矢先、小田切(本田)の交際相手・篠田(高杉)が何者かに撃たれるという事件が起きる。小田切は、篠田が自分を撮影した写真を見て、同じ人物が映り込んでいることに気づく。それは今回のテロに関わっていたクラッカーの諏訪樹生(松尾諭)だった。篠田は、ミハンに関わったから事件に巻き込まれたのか—? 小田切は責任を感じる。

 香坂の死を無駄にしないため、真犯人を捕まえるため、立ち上がるミハンチーム。そんな中、香坂が殺されたことで、加賀美(柄本明)がようやく重たい口を開き、26年前に起きた映画館の毒ガス事件で救った1人の少年の話を始める。

 それぞれに思いを抱えながら、真犯人を突き止めるためミハンチームが動き始める。その先には何が待っているのか…物語はついにクライマックスへ—。

 『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』第10話は、フジテレビ系にて今夜3月9日21時より放送。

クランクイン!

「絶対零度」をもっと詳しく

「絶対零度」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ