香取慎吾がクマに変身! 平昌パラマスコットとの2ショットに「そっくり」

3月9日(金)11時30分 J-CASTニュース

香取慎吾さん

写真を拡大

冬季五輪史上最多メダルとなった平昌オリンピックに続き、平昌パラリンピックが2018年3月9日開会式を迎える。


日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターを務めるタレントの香取慎吾さん(41)も前日の8日に平昌入りをし、自身のインスタグラムで現地での写真を公開した。



「めっちゃかわいぃぃぃぃ」


香取さんは9日朝にインスタグラムを更新し、


「韓国平昌パラリンピックから おはようございます! 今日もパラリンピックを知る取材.応援を楽しんできます!」

と意気込みをつづり、平昌パラリンピックのマスコットであるクマのキャラクター「バンダビ」との記念写真を投稿した。香取さんは写真加工アプリを使って自身もクマに変身しており、クマ同士の2ショットとなっている。



コメント欄にはファンらからの声援とともに、


「くまちゃんとそっくりだねぇ」

「兄弟?!」

「どっちがバンダビくんかわからない?!」

「慎吾さんもマスコットなれそうだよー」

「クマちゃんより慎吾ちゃんが可愛いです」

など、クマの2ショットに対して反響が寄せられた。


8日にはバンダビに抱き着く姿も投稿しており、こちらにも


「バンダビと慎吾ちゃん仲良しですね!」

「かわいいくまのキャラクターより慎吾ちゃんの方がめっちゃかわいぃぃぃぃ」

「マスコットになりたい」

といったコメントが書き込まれている。


いずれの投稿も日本のファンだけでなく、韓国のファンとみられる韓国語での書き込みも散見される。


平昌パラリンピックは18日までの開催。

J-CASTニュース

「平昌」をもっと詳しく

「平昌」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ